このエントリーをはてなブックマークに追加
2021-09-26 (11)


ウメハラ選手などミルダムの格ゲー配信者を中心に、ギフト(投げ銭)について触れた発言が一部で反響を呼んでいますが、過去に会社員として働きながら兼業プロゲーマーをしていたネモ選手も、自身の配信でこの件について意見を述べました。

ネモ選手自身は現在専業プロゲーマーとして活動し、ミルダムではなくTwitchで配信しています。
ネモ選手は、ミルダム配信者達の今後について、どうすれば自分達に価値を感じて貰えるのか考えていかなければいけないといった話をしています。


以下、ネモ選手が語った内容です。






「(格ゲー勢も投げ銭をしていこうという流れについて)ようやくなったなって感じ。」
「ウメハラさんは偉いと思う。別にウメハラさんが困ってるわけじゃない。若い子達が食えなくなっちゃうから、ああいうことをやってる感じだから。」
「みんなウメハラさんを頼りすぎてるんじゃないかなと思っちゃう。いつまでたってもウメハラさんがいなくなったらこの業界が終わるみたいな感じ。」
「本来、ミルダム配信者って固定給を貰って配信してっていう」

(ミルダムの公認配信者は固定給を貰って配信したり、貰ったギフトをミルダムと配信者で分け合う事に触れた上で)
「自分の固定給以上にギフトを集めてこないと、そもそもマネタイズが成り立たない。」
「20人ミルダム配信者を集めて貰ったギフトはたかが知れてると思う。それよりも自分達でギフトを貰えるようなイベントとか企画を考えて、自分のファンからきちんとギフトを貰うやり方をとっていかないとマジでヤバいと思う。」
「ミルダム公認配信者としてノルマを達成できる人ってどのくらいいるの?って話だと思う」
「もう少し自分達で危機感を持って何とかしなきゃって考えて動く人が増えていかないと、ヤバいんじゃないかと思う。」
「ギフトをしてもらう人を増やすのもいい動きなんだけど、それだけじゃないよねって。それが一番の危機感だと思ってる。」

「自分としても専業プロになって何が出来るのか考えて、いろんなスポンサーに協力して貰ってイベントを考えたりしてる。」
どうすれば自分に価値を感じて貰えるか考えないといけないんじゃない?っていうかそれを考えなきゃヤバいんじゃない?というのが俺の考え」
「大丈夫なのかな?って思う人は多い。それでどうにかなってるのもすごい業界だなって思っちゃう。プロゲーマーはすごい。」
「あとは1人でも多くのファンに、その人がめちゃくちゃお金持ってて、その人から気に入られてすごい投げ銭してもらうとか、そういう感じになっちゃうから。」

「今、生活水準を徐々に下げようという動きをとってる。なかなか今の生活から一気に、収入なくなっちゃいましたってなったら、本当に俺耐えられるのかなって思っちゃう。」
「(スポーツだと)競技シーンにいる時はチヤホヤされて、引退して周りから『あいつは陸上しか出来ない』とか言われて、会社は『いてもいいんだよ』って言うらしいんだけど気まずくて辞めちゃうとかある。」
「今プロでやってる人達は、正直働くのは結構きついと思う。」
収入があるうちに色々動いた方がいいんじゃない?っていう意識を持って、プロ活動をやった方がいい。だから危機感持ってみんなでやっていこうぜって話だと思う。」
「俺も人の事を心配できる人間じゃないから自分に出来ることをやる。経験で教えられることがあれば教えるって感じかな。」

「専業プロになった最初の頃、こんな生活して大丈夫なのかな?って思った。今はこういう仕事なんだと割り切れるようになった。」
「兼業プロゲーマーみたいな感じでやってたけど、感覚的に遊びだったんだなって思った。今までやってきた事って趣味の延長戦上だよなみたいな。稼いでる感覚がなかった。スポンサーからの給料とかイベント出演料とか貰ったりして普通に考えて仕事として成立してるんだけど、会社員として働いて給料もらってたから、おまけのようにしか考えてなくて、勝手に貯金が貯まっていく状態だった。今はこういう事なんだろうなって割り切ってやってる。前向きに今やれることをやっていこうと。」
「会社員として働いてた強みを活用して上手くやっていきたい。」

配信アーカイブ
https://www.twitch.tv/videos/1154984509