このエントリーをはてなブックマークに追加
2021-05-11 (2)


Year 7 in review – Granblue_en interview with Tetsuya Fukuhara 5/11/2021

http://grandcypher.com/2021/05/11/year-7-in-review-granblue_en-interview-with-tetsuya-fukuhara-5-11-2021/

Cygamesの福原哲也氏が、海外向けに語ったインタビュー記事が公開されています。
福原氏は、「グランブルーファンタジーヴァーサス」について追加キャラクターの選定方針や、新型コロナウイルスの影響、ロールバック方式のネットコード実装の可能性といった質問に回答しています。

旧作にロールバック方式のネットコードが実装されるケースが最近増えていますが、「グランブルーファンタジーヴァーサス」でも同じようにロールバック方式に変更するのは容易ではないようです。


以下、福原氏が語った内容から一部抜粋・翻訳したものです。

・追加キャラは、基本的にはCygamesが選ぶ。シーズンごとにアークシステムワークスに提案し、そのキャラがバトルプランに適しているかどうかアークシステムワークスの意見を聞きながら進めている。最終的には両社が納得する形で決定している。
・ユーステスが選ばれたのは、シーズン2の5人目のキャラクターを、7周年に合わせたリリースタイミングにしたかったから。「グランブルーファンタジーヴァーサス」発売時にはすでに決定しており、ユーステスの制作作業は2020年春に開始した。
・新型コロナの影響がここまで大きいとは思っていなかった。オンライン大会はRAGEよりも小規模なものにしたかった。今後については検討中。
・シーズン2のキャラ使用率や人気は期待通りの結果。
・ロールバック方式のネットコードを実装したいと思っているが、もともとディレイ方式のシステムで設計されているものを簡単に変更できない事情がある。
・最近では、古いタイトルにロールバックネットコードを実装した例もあるが、ゲームごとに異なるので、コストがそれらと同じようになるとは言えない。「グランブルーファンタジーヴァーサス」に実装されるかどうかはコメントできない。