このエントリーをはてなブックマークに追加
snk


Saudi Arabian games company acquires SNK

サウジアラビア皇太子、KOF開発会社SNKを買収する
SNKがサウジアラビアの企業に買収されるそうです。

11月26日にSNKが、サウジアラビアのゲーム会社「Electronic Gaming Development Company(EGDC)」と日本円で約195億円の株式譲渡契約を締結したと海外で報道されています。
また、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン・アール=サウード皇太子の財団が、EGDCの株式を100%保有しているとのことです。
買収の手続きは2021年1月にすべて完了予定とのことです。

今後のSNKの経営や事業に、ムハンマド・ビン・サルマーン・アール=サウード皇太子をはじめとするオイルマネーの影響がかなり大きく作用してきそうです。


ムハンマド・ビン・サルマーン・アール=サウード



【追記】
契約が全て完了した場合、EGDCはSNKの株式を33.3%保有する筆頭株主となるそうです。
さらに、TOB(株式公開買付け)で17.7%を取得して、SNK株の過半数を保有する予定とのこと。

KOF14の新キャラ”ナジュド”のデザインコンペ主催団体の代表が、ムハンマド・ビン・サルマーン・アール=サウード皇太子だったようです。

「KOF XIV」,中東地域でのデザインコンペから生まれた新DLCキャラ「ナジュド」と新ステージ「リヤード」が4月より配信へ


【11/28 追記】
財団の公式発表は下記URLで公開されています。