このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-11-05


セガがゲームセンター運営の子会社“セガエンタテインメント”を、ジェンダに売却。ゲームセンター事業から撤退へ

セガサミーホールディングスが、ゲームセンター事業を手掛ける子会社セガエンタテインメントの株式の一部(85.1%)を株式会社GENDAに譲渡し、ゲームセンター事業から撤退することが11月4日付で発表されました。

セガサミーホールディングスのアナウンスによると、ゲームセンター事業は新型コロナウイルスによる影響を強く受けて大幅な損失を計上しており、今後の見通しも不透明な状況ということで、立て直しを図る中、ゲームセンター事業の拡大意欲を持つGENDAと協議の上、株式譲渡の決定をしたとのことです。

GENDAはゲーム機のレンタルやオンラインクレーンゲームなどを手掛けている企業で、報道によると今回の譲渡で運営会社が変わるものの、全国約200店舗の名称は原則そのままになる模様です。



構造改革に伴う特別損失の計上および連結子会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ(セガサミー公式)
株式会社セガエンタテインメントの株式取得に関するお知らせ(GENDA公式)

セガサミーHD、ゲームセンター運営事業から撤退