このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-11-12 (1)


カプコンのIRページ『ミリオンセールスタイトル』の情報が、2020年9月30日時点のデータに更新され、「ストリートファイター5」の全世界出荷本数が500万本を突破したことが明らかになりました。
前回2020年6月末のデータから3か月で30万本の増加となっています。

2020年9月にPS Plusのフリープレイで「ストリートファイターV」が配信され、無料でダウンロードした人が多かったと思いますが、当然ながらその数字は含まれていないようです。



スト5発売からこれまでの売上推移は以下の通りです。

PS4/PC 2016年2月18日「ストリートファイターV」発売
140万本 (2016年3月31日時点)
140万本 (2016年6月30日時点)
150万本 (2016年12月31日時点)

160万本 (2017年3月31日時点)
170万本 (2017年6月30日時点) +10万本
190万本 (2017年9月30日時点) +20万本
200万本 (2017年12月31日時点) +10万本

PS4/PC 2018年1月18日「ストリートファイターVアーケードエディション」発売
210万本 (2018年3月31日時点) +10万本
210万本 (2018年6月30日時点) ±0
220万本 (2018年9月30日時点) +10万本
290万本 (2018年12月31日時点) +70万本

AC 2018年3月14日「ストリートファイターVタイプアーケード」稼働
310万本 (2019年3月31日時点) +20万本
370万本 (2019年6月30日時点) +60万本
390万本 (2019年9月30日時点) +20万本
410万本 (2019年12月31日時点) +20万本

PS4/PC 2020年2月14日「ストリートファイターVチャンピオンエディション」発売
450万本 (2020年3月31日時点) +40万本
470万本 (2020年6月30日時点) +20万本
500万本 (2020年9月30日時点) +30万本 

※売上データは家庭用のみ。
※2020年9月にPS Plusフリープレイで「ストリートファイターV」が配信。

前回2020年6月30日付のミリオンセールス



なお、10月29日に行われた2021年3月期第2四半期決算発表では、好調な業績が発表されています。
eスポーツ事業については、第2四半期実績で3億円の赤字だったようです。
http://www.capcom.co.jp/ir/data/html/explanation/2021/2nd/13.html
通期では12億円の赤字で、これは前回までと変わりありません。


その他、アナウンスとしてeSports事業統括の執行役員・清水信彦氏が、2020年12月31日付で退任という人事異動の発表もされています。

2021年3月期第2四半期決算短信

説明会資料
http://www.capcom.co.jp/ir/data/explanation.html

2020年6月30日までの「ストリートファイター5」の出荷本数が470万本突破、3ヶ月で20万本増加。アニコレやMVCIなどもジワ売れ

「ストリートファイター5」のプレイヤー数がPS Plusフリープレイのおかげで激増、9月に入ってから200万人以上の新規プレイヤーがいる模様