このエントリーをはてなブックマークに追加
woshigenoooo



Meet the tester who changed Street Fighter

http://www.eurogamer.net/articles/2016-03-30-the-tester-who-changed-street-fighter

Eurogamer.netに、カプコンで『ストリートファイターV』のバトルプランナーを務めている事で知られるヲシゲ氏のインタビュー記事が掲載されています。

10歳の時に初めて格闘ゲームをプレイし、15年以上の格ゲー歴と3000時間以上の豊富なプレイ経験を持つヲシゲ氏。過去に『ストVは深みを感じられるようになるまで、かなりのやり込みが必要になる』という発言がありましたが、今回のインタビューでも「使えない技は1つもないが、全ての技の使い道がすぐに分かるわけではない」といったコメントがあります。

『この技は使えない、どうしてあるのか分からない』と考えているうちは、ヲシゲ氏の深い考えに辿り着いていないということでしょうか。



以下、インタビュー記事の大雑把な翻訳まとめです。
誤訳や、抜けている部分の訳などありましたらコメント欄に投稿して頂けると助かります。


・カプコンに入ったのは2007年。
・テスターとしてタツカプ、マヴカプ3、ストクロや初期のスト4に関わっていた。
・ウル4でバランス調整に関わる事になった。
・ストVでは才能を見出され、バトルディレクターを担当することになった。ストリートファイターのゲームプレイを改善するという仕事は、ヲシゲ氏にとって名誉であるとともに、大きな責任を感じるものでもあった。
・カプコンの小野氏は、上級者にとってバランスの良いゲームにするために、ディンプスのクラックチームに加えてヲシゲ氏のようなエキスパートの支えを必要としていた。
・ヲシゲ氏のチームは小さく、ヲシゲ氏曰く『全員がプロレベルと呼べるかどうかはわからないが、自分の技術に自身を持っている人ばかり。強いところ、弱いところを見つけようと全キャラを使ってプレイしていたが、常に勝っているわけではなかった。連勝したり連敗したりだった。』
・『全ての技を有意義なものにしたかった。そして、使えない技が1つもないことを目指した』
・発売から数週間がたち、ヲシゲ氏が期待していた戦い方が吹き飛ぶような試合も見た。しかし同時に、まだプレイヤーが経験不足であることも感じた。『使えない技がないように作ったが、それは全ての技の使い道がすぐにはっきり分かるということではない。』
・バランス調整に終わりはない。


格ゲープレイヤーWiki ヲシゲ
http://fgamers.saikyou.biz/?%E3%83%B2%E3%82%B7%E3%82%B2#.Vv1GXjGJYaO

カプコン杉山氏&ヲシゲ氏『ストVは"深み"を感じられるようになるまで、かなりやり込みが必要になる』

http://chigesoku3.doorblog.jp/archives/47357345.html