チゲ速

eスポーツとか格ゲーム関連のネタを記事にするまとめサイトです。「ストリートファイターV」関連のネタが多いです。

    カテゴリ:海外プレイヤー > シャオハイ(Xiao Hai)

    いつもチゲ速を見てくださっている読者の皆様、ありがとうございます。

    最近、翻訳おじの~といった形で情報提供者である『翻訳おじ』氏からの情報を掲載し
    当ブログで人気を博しておりました。

    その記事について、管理人からお知らせがございます。


    続きを読む

    888: 俺より強い名無しに会いにいく@\(^o^)/ 2014/07/14(月) 18:58:19.48 ID:nvx0SxZI0.net
    http://www.4gamer.net/games/134/G013485/20140714001/

    4Gamer:
     だから,大会がたくさん開かれているストIVシリーズをプレイし始めたと。中国ではKOFシリーズが人気と聞きますが,ストIVシリーズもはやっているのでしょうか。

    Xiao Hai選手:
     正直,人口は少ないね。

    4Gamer:
     そんな環境で,どうやってそこまで強くなったのでしょう。

    Xiao Hai選手:
     すべては,Dakou(Xiao Hai選手と並ぶ,中国におけるストIV&KOFの強豪プレイヤー)のおかげだと思う。彼は少しプレイすれば,
    そのゲームのシステムをすぐ理解してしまうし,すべてのキャラクターを使いこなし,さらにはコンボや戦術も自分で編み出してしまう。
    中国ではニコニコ動画やYouTubeといった動画サイトを見ることはできないが,彼の想像力だけで世界と戦える。
    例えば,Xianの元とDakouの元は,同じレベルの強さがあると思う。Dakouと戦うだけで,俺は強くなれるのさ。


    日本に必要なのはイムヒョンじゃなくてDakou
    続きを読む

    59: sage 2013/11/02(土) 02:13:01.61 ID:TZy+SYVc0
    シャオハイと大口が語るウル4やトパンガAリーグについて
    原文 http://bbs.17utt.com/forum.php?mod=viewthread&tid=770581&mobile=yes

    記者:質問しますが、最近あなた達はどのゲームに時間を割いていますか?どの大会の準備に力を入れているのでしょうか?

    小:今は3つのゲームを並行してやっています KOF98UM、炫斗之王、そして明日10月31日にシンガポールへ行ってスパ4をやり、
      帰国してすぐに炫斗之王の試合があるので、少しハードスケジュールで疲れています・・・
    大:最近は主にスパ4をやって、たまに98UMや炫斗之王をプレイしています

    記者:金曜日にカプコンがウル4での主要な変更点としてダブルUCと赤セビの2つを発表しました これらの変更点についてどう思いますか?

    小:実際スト4シリーズはもう5年も触っていて少し退屈な感じがあったので、変更点があるのはよいことだと思います
    大:ダブルUCは良いと思います しかし赤セビはあまりよくないと感じています システムが1つ加わることでゲーム自体が別のゲームに変わってしまう恐れがあるからです

    記者:あなた達はダブルUCが投げキャラをとても強くさせると思いますか?そうだとしたら理由は何でしょうか?

    小:これはちょっと難しい話なのですが、とても強くなることもありえると思います プレイヤーが完璧にそのやり方を理解し完璧にUC1とUC2の切り替えができるならばという話ですが
    例えばホークは先に963214789と入力しておいて相手が飛んでいない時は632147PPPでUC1を出します、飛んでいたら63214PPPでUC2を出すという具合です 確認能力がかなり高い人なら
    このやり方はかなり有効に機能するでしょう

    大:強くなるとは思いますが、そこまで強力とは思いません 理由は投げキャラの2つのウルコンの1つは地上投げ、もう一つは対空投げです 
      結局相手に近寄らなければいけないことには変わりないのです

    記者:赤セビがイブキやキャミィのような起き攻めが強いキャラを弱体化させることはあると思いますか?

    小:それはないと思います 起き攻めの方向によっては赤セビをやっていても意味がないはずです だからむやみに使ってはいけません
      普段互いに見合ってる状態ではイブキならLK MK 624P もしくは直接MK 624P または2HK HK 6247Pで赤セビには勝つことができます
      キャミィなら近い距離は投げ、遅らせのセビバクステでもOKだと思います 遠距離5LKもしくは2MKに26HKを仕込んで置いてもOKです もし相手がセビ開放をしないなら
      5LKや2MPを出した後に来る攻撃もガードすることができ、もし相手が開放なら赤セビの効果を打ち消した後あなたの攻撃が先に繰り出せるはずです

    大:恐らくイブキの攻めは少ししのぐことができるはずです 赤セビはいぶきの24Kに有効に機能するでしょう しかしキャミィの攻めには赤セビはあまり有効ではないでしょう
      ジャンプ攻撃やストライク起き攻めは方向を見切りづらいため一瞬のうちに判断することは非常に難しいと思います

    記者:もしあなたたちがウル4のシステムを1つ作ることができるとしたらどういったものを作りますか?

    小:黄セビを作ります 2段のセビも遮ることができ、その2段のセビは全てアーマーで1段目に攻撃されてもさらに2段目があります
    大:私はもう今のシステムで十分よくできていると感じているため、特に作る必要はないと思います

    記者:11月2日から日本で新たなトパンガAリーグが開催されますが、誰が優勝して誰が降格すると思いますか?またその理由な何でしょうか?
    小:私が優勝者を予想しましょう 優勝はSAKOだと思います 総合的に見て相性的にはSAKOが優勢です 参加選手達のこれまでの対戦を見てきても、SAKOが比較的強いと思います
     最も重要な点はSAKOにとって一番脅威になるのは荒らす攻撃が多く試合を圧政するようなキャラだと思います このようなキャラは今回のAリーグにはほとんどいません
    大:降格はだしおとマイケルたんだと予想します 

    記者:12月8日に広州カップが開催されると聞きましたが、この大会には海外からどのような強豪を招待するのですか? 少し教えてもらえませんか?
    小:秘密です しばらく公表はできません ハハハ
    大:しばらくは言えません

    記者:二人とも取材に答えていただきありがとうございました
    続きを読む

    252 名前:俺より強い名無しに会いにいく[sage] 投稿日:2013/05/16(木) 01:20:16.40 ID:DRU9z3ZS0
    シャオハイ

    ・父親が実業家で裕福な家庭
    ・学業でトップの成績をキープしないとゲームをさせて貰えなかった
    ・ゲームで負けて平手打ちされる
    ・卓球世界ランク26位 new!
    続きを読む

    11 名前:俺より強い名無しに会いにいく[sage] 投稿日:2013/05/07(火) 22:34:41.84 ID:TLnSMtIb0
    ■シャオハイ、sako戦後の感想



    「殺意リュウに対して、私は自分にある宿題を課した。
     殺意リュウの起き攻めを自分自身の手でテストし、それを防ぐ方法を探し出すことだ。
     そして私は、それらに対する対処法は見つけることができた。
     しかし、私がやってきた「宿題」はsakoのレパートリーのほんの10%に過ぎなかった。

     sakoの妻は、sakoがこの一週間、私の対戦動画をずっと探していたことを私に話した。
     sakoは、それらの全てに目を通し、キャミィに対してできることを全てノートに書き記した。

     本来、殺意の前投げの後の前強Kからのセットプレイはガードすることができる。
     しかし、前後どちらにガードを入れても、私はそのセットプレイをガードすることができなかった。
     そして最後に私は、それがガード不能であることに気付いた。

     これは簡単なセットプレイではなく、前か後ろにほんのわずかレバーを入れてから飛び、
     最適なタイミングで空中攻撃を入れなければ成功しない。
     これを95%成功させるために、sakoは同じ動きを毎日何時間も練習し続けた。
     プレイヤーとしての技術と精神の両方で、私はsakoに完敗していた。

     今後はセミプロのプレイヤーとして、彼らのプロフェッショナリズムに注目したい。
     私がいつか格ゲー5神を超えられる日が来ることを、この手で証明したいのだ。
     たとえこのゲームに、何か気にいらない要素があったとしても。」



    ■シャオハイ、ウメハラ戦後の感想、Bリーガーに対する感想



    「3日目の時点で優勝は消えたものの、失望などはしなかった。
     上位陣との差は心構えにあると分かったからだ。しかしそれは非常に大きな差だ。

     ウメハラとの対戦では1試合目から問題を見つける事ができた。
     なぜなら私は自分の癖のようなもので何度も痛い目にあったからだ。
     まず中P後の私の飛びは全てウメ昇竜で落とされている。
     そして弱P投げorストライクは常に遅らせウメ昇竜を食らってしまっている。

     彼は攻めてくる場合以外では中足すら振りません。
     その時に私はウメハラに既に分析・研究され完全にダウンロードされているのだと気づきました。
     それに気づいたあと、私は焦ってパニックになり、完膚なきまでに倒されました。

     他に私に強く衝撃を与えたのは、彼らがこのリーグにどれぐらい真剣なのかを知った時です。
     ときど&マゴの二人と一緒に試合を見ていた時のこと。
     彼らは突然それぞれでノートにメモ書きを始めたのです。それもかなり細かく。

     例えばふ~どがゲマビのライジングにどう対処したか、ゲマビの通常技をどう捌いたか。
     それとキャラ相性(シャオハイは二人のキャラ同士の関係に夫婦や結婚という言葉を使用)も。
     細かくハッキリと双方のキャラの相性などが書かれており私は言葉を失い非常に深く触発されました。
     感動すら覚えたのです。」


    続きを読む

    884 名前:俺より強い名無しに会いにいく[] 投稿日:2013/05/07(火) 11:01:36.71 ID:Ccba8gYD0
    シャオハイ、sako戦後の感想

    「殺意リュウに対して、私は自分にある宿題を課した。殺意リュウの起き攻めを自分自身の手でテストし、それを防ぐ方法を探し出すことだ。
    そして私は、それらに対する対処法は見つけることができた。しかし、私がやってきた「宿題」はsakoのレパートリーのほんの10%に過ぎなかった。

    sakoの妻は、sakoがこの一週間、私の対戦動画をずっと探していたことを私に話した。
    sakoは、それらの全てに目を通し、キャミィに対してできることを全てノートに書き記した。

    本来、殺意の前投げの後の前強Kからのセットプレイはガードすることができる。
    しかし、前後どちらにガードを入れても、私はそのセットプレイをガードすることができなかった。
    そして最後に私は、それがガード不能であることに気付いた。

    これは簡単なセットプレイではなく、前か後ろにほんのわずかレバーを入れてから飛び、最適なタイミングで空中攻撃を入れなければ成功しない。
    これを95%成功させるために、sakoは同じ動きを毎日何時間も練習し続けた。
    プレイヤーとしての技術と精神の両方で、私はsakoに完敗していた。

    今後はセミプロのプレイヤーとして、彼らのプロフェッショナリズムに注目したい。
    私がいつか格ゲー5神を超えられる日が来ることを、この手で証明したいのだ。
    たとえこのゲームに、何か気にいらない要素があったとしても。」
    続きを読む

    このページのトップヘ