このエントリーをはてなブックマークに追加
TBH2020


『スマブラDX』の人気大会が、米任天堂の勧告により中止へ、「#FreeMelee」運動に発展。鮮明に現れた“非公認ツール”をめぐる価値観の違い

https://automaton-media.com/articles/newsjp/20201120-143866/
2020年12月4日(金)~6日(日)にオンラインで開催予定だった大乱闘スマッシュブラザーズの大会「The Big House」が、急遽中止になりました。
この大会ではスマブラDXとスマブラSPECIALの2種目で実施予定でした。

中止になった原因として、任天堂のコメントがPolygonに掲載されています。
任天堂は、格闘ゲームコミュニティの皆様の『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズに対する愛情と献身に感謝しています。

任天堂は過去にも多くの大乱闘スマッシュブラザーズのトーナメントと提携し、独自のオンラインおよびオフライントーナメントを開催してきましたが、今後もそのサポートを継続する予定です。

残念ながら、大乱闘スマッシュブラザーズDXのオンライン大会を開催すると発表された「The Big House」の大会では、違法コピーされたバージョンのゲームを「Slippi」と呼ばれるMODと組み合わせて使用しなければならないことが発表されました。

そのため、任天堂は大会主催者に中止を要請するよう連絡しました。
主催者はこれを拒否したため、任天堂は自社の知的財産とブランドを保護するために介入せざるを得なくなりました。

任天堂は、自社の知的財産の違法コピーを容認したり、許したりすることはできません。


SlippiというスマブラDXでオンライン対戦を可能にするためのMODと、Dolphin というエミュレータを組み合わせて使用する際に、それらが両方とも違法でなくても、エミュレータの性質上ROMイメージの入手に違法コピーの問題が発生します。
コミュニティをサポートしたい任天堂としても、違法コピーされたROMが使われていることを見過ごすことはできないといったところでしょうか。
海外では今回の任天堂の対応について、スマブラコミュニティを中心に炎上しているようです。


エミュレータについて
https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%A8%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF

The Big House公式
http://www.umsmash.com/





実況でおなじみ弁護士のUltraDavid氏は任天堂の対応に失望したとコメントしています。
私がよく言っているように、ビデオゲームの権利者は(ほぼ)ゲームの絶対的な君主であり、自分たちの周りのコミュニティを自由に破壊する権利を振りかざしています。しかし、通常はそうではない。任天堂がこのようなことをしていることに、私は非常に失望しています。彼らには再考してもらいたいものだ。