このエントリーをはてなブックマークに追加
capcom


先日、「Ragnar Locker」によるランサムウェア攻撃を受けて1TBの機密データが流出したカプコンの情報が、「Ragnar Locker」によって一般公開され始めています。

既に国内外で話題になっていますが、LGBTやポリコレに配慮した表現に関する内部資料や、今後リリースされるゲームタイトルのスケジュールなどといった情報が白日の下に晒されています。

ポリコレに関する資料は、下記の画像以外にも続々判明しています。


資料では「スパイダーマン:マイルズモラレス」を有色人種のポジティブな表現の例として挙げており、「ラスト・オブ・アス Part II」と「トゥームレイダー」をLGBTQ+の表現のポジティブな例として挙げている。

彼らはまた、ピーチとゼルダが如何に女性のネガティブなステレオタイプとして見られているかについて話していた。
彼女たちが典型的な「危機に陥るヒロイン」だからだが、一方で「ブレスオブザワイルド(BotW)」をゼルダがより積極的な役割を果たしているという理由で改善されていると言及されている。

セックスアピールもまた男女平等であるべきなもので、物語の文脈の中で目的にかなうものであるべきだと言及されている。
彼らは女性だけを対象にした過度な性的表現から脱却したいのだと。

カプコンは自らの過去の過ちさえも非難している。
・「ストリートファイター5」におけるレインボーミカのケツ叩き
・「モンスターハンターワールド」の女性用武具が男性のそれよりも露出度が高い
・ラスタファリアンハットをかぶったデージェイ

またカプコンはあらゆる形式のキャラクターのためのコスメティック(見た目を変える要素)を用意する必要があると述べた。
カプコンの使用例:髪型、ひげ、体型を選ばないカスタムキャラクター

資料には誰かの気分を害するようなステレオタイプな表現からの脱却、たとえば特定の民族のみをフィーチャーしたり、性的でわいせつな言語や冗談(適切なストーリーの目的に沿っている場合は除く)からの脱却を直接的に求めていることが記載されている。

カプコンは彼らのゲームの様々なコンテンツが適切であるかどうが様々なローカライザーたちの手を借りるべきだとさえ述べている。
カプコンに使われた例:
・「メリークリスマス」の代わりに「ハッピーホリデイ」を使う
・ナチスを連想させる数字や表現
・アラブ地域のローカライズに関連した豚に関するコンテンツ
など



”6”を連想させるファイルも見つかったそうですが、現時点でストリートファイター6に関する決定的な情報は確認できていないようです。







【スト5β】レインボー・ミカのクリティカルアーツ演出が変更、ミカのお尻返還を求めて署名活動も?!

カプコン小野氏『レインボー・ミカのお尻叩き削除は、不快に思う人が生まれてしまう状況を避けるため』