このエントリーをはてなブックマークに追加
xboxx


Xbox Series S と Xbox Series X が 11 月 10 日に発売、月額 $24.99 から Xbox Game Pass Ultimate および EA Play とバンドルで提供

https://news.microsoft.com/ja-jp/2020/09/10/200910-xbox-series-x-and-xbox-series-s-launching-november-10/

Xbox Series S について: 次世代のパフォーマンスを備えた史上最小の Xbox を 11 月 10 日に $299 で提供開始

https://news.microsoft.com/ja-jp/2020/09/11/200911-introducing-xbox-series-s/
次世代ゲーム機「Xbox Series X」「Xbox Series S」が11月10日(火)に発売されることが発表されました。
日本国内での参考価格は「Xbox Series X」が49,980円(税抜)、「Xbox Series S」が32,980円(税抜)となっています。
9月25日(金)から予約開始とのことです。

マイクロソフトの発表によると、「Xbox Series X」と「Xbox Series S」の最大の違いは解像度で「Xbox Series X」が4Kで60fpsから120fpsの描画を行うことが出来るのに対し、「Xbox Series S」は1440pで60fpsから120fpsの描画を行うことが出来るスペックになっているとのこと。

「プレイステーション5」という強力なライバルを相手にする上で、ハイスペックな「Xbox Series X」とお手軽価格の「Xbox Series S」という2種類のハードを用紙してきましたマイクロソフトの戦略に、ソニーがどう迎え撃つのかといった点でも注目です。

「ストリートファイター4」の頃には、遅延などの面でPS3版より優れていたXbox360がコアなプレイヤーの間で人気となり、「格ゲーやるなら360」と言わんばかりの状態になっていました。
特定のゲームやジャンルに強いハードという印象が定着すれば、たとえ売上でプレイステーションに負けたとしても、活路を見いだすことが出来るかもしれません。