このエントリーをはてなブックマークに追加
cpt2020on


2020年6月20日(土)・21日(日)にオンラインで開催されている「CAPCOM Pro Tour Online 2020」北米・東1(ブロックB)のまとめです。

結果は以下のようになりました。

順位プレイヤー名使用キャラ負けた相手
優勝DR MandrakeユリアンMetroM(GF)
2位MetroMバルログElChakotayDR Mandrake(GF)
3位ElChakotayミカDR MandrakeDQ(MetroM)
4位iDomポイズンDR MandrakeDQ(MetroM)
5位タイ-Hoji-コーディーZachInABoxiDom
5位タイCJ Truthキャミィ、ネカリiDomMetroM
7位タイBurkishユリアンDR MandrakeCJ Truth
7位タイBrian_Fバイソン、GCJ Truth-Hoji-
9位タイCachexikカゲMetroM-Hoji-
9位タイNuckleDuガイル、G、キャミィCachexikBurkish
9位タイChild233バイソン、ギルElChakotayBrian_F
9位タイSmugバイソン、GSpace BoyCJ Truth
13位タイProphetユリアンiDomBrian_F
13位タイZaferinoサガット、セス、キャミィBurkish-Hoji-
13位タイShineいぶきElChakotaySmug
13位タイTerrence春麗MetroMMetroM


DR Mandrake選手が優勝し、カプコンカップ出場権を手にしました。
オンライン大会特有のラグの問題が発生し、TOP8でDQ(棄権)が発生するなどアクシデントもありました。

iDom選手はラグを理由にMetroM選手との試合を棄権しています。
iDom選手劣勢からの絶妙なタイミングでの切断も見られましたが、ラグが酷かったようです。
https://www.twitch.tv/capcomfighters/clip/DifferentAgitatedUdonPJSugar
iDom選手はTOP8で棄権する謝罪と共に、「カプコンは頼むからトレモステージを解禁してくれ」とコメントしています。






MetroM選手は(回線の相性が悪いため?)iDom選手の数少ないブラックリストの1人だったそうです。
少しでも快適な環境で対戦するために、トレモステージ解禁を訴えています。




Brian_F選手は「MetroM選手を責めて欲しくない。オンラインが単にクソなんだ。」「日本の多くのプレイヤーにとって、アメリカのネットプレイの風景がどんなものなのか、初めての経験になるような気がします(笑)NA CPTオンラインを語る日本人プレイヤーのビフォーアフターを全て見てみたい」とコメントしています。



NuckleDu選手もまた、ラグに苦しんだようでトレモステージの解禁を訴えています。
そして、既にカプコンカップ出場権を持っている選手がオンライン大会に参加できることについて問題視し「オフライン大会であれば賞金やトロフィー、名誉、スポンサーといったものを手にするが、CPTオンラインは出場権を争うだけの大会だ」とコメントしています。
ルール上の問題にも一石を投じたいのでしょうか。



MetoM選手との試合で棄権したElChakotay選手は、MetoM選手に怒っていないし非難しないで欲しいというコメントとともに、トレモステージをBANしているカプコンに対してやはり文句があるようです。



fubarduck氏が今回の顛末をまとめてくれています。