このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-06-02 (1)


【動画翻訳】Core-A Gaming : 速い思考、遅い思考のプレイ

YouTubeのCore-A Gamingチャンネルで「速い思考と遅い思考のプレイ」という動画が公開されています。
そして、その内容を翻訳した記事が、「KOF 翻訳中毒」に掲載されています。


それによると、人間の脳には労力を使わない”速い思考”と、精神と肉体を消耗する”遅い思考”の2種類の思考があり、格闘ゲーム等の対戦ゲームにおいてそれらがどのように作用するかが述べられています。

トッププレイヤーでも対戦相手の飛びを落とせない事がある理由は、”遅い思考”を使って別の事に意識を割いているため、頭が沸騰して飛びが見えない状態になるからだそうです。
逆に対戦相手の頭を沸騰させる手段の例として、アメリカのレジェンドプレイヤー”Justin Wong”選手は、「防御が上手ければ、相手の攻撃をガードし続けるだけで相手がイライラする。」と語っています。
鉄拳の女性プレイヤーCuddle Core選手も、防御的なプレイの重要さを説いています。

格ゲーに限らず、非常に勉強になる動画です。
翻訳記事とあわせて、ぜひ視聴してみてはいかがでしょうか。



なお、この動画の内容は2002年にノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンの「ファスト&スロー」に基づいているそうです。