このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-05-08


eスポーツ配信分析サイト「Esports Charts」の日本・韓国向けサービスが開始されました。

配信の視聴者数や視聴時間とった”数字”は、eスポーツに投資する企業やスポンサーにとって対象の”価値”を見極める重要な指標の一つ。
世界各国の配信プラットフォームの視聴者数や同時接続数などが様々な視点から分析可能になる事で、これまで以上にeスポーツ選手やeスポーツ配信を取り巻く評価がシビアになっていくかもしれません。

「Esports Charts」のデータによると2020年5月1日~8日のTwitchで配信された日本語配信の視聴時間ランキングで、5位にウメハラ選手のBeasTVがランクインしています。
ウメハラ選手の存在の大きさが、数字の面でも裏付けられたといったところでしょうか。



Esports Charts
https://escharts.com/ja

eスポーツ配信分析サイト「ESPORTS CHARTS」の日本・韓国向けサービスが開始