このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-28 (2)


東大卒のプロゲーマー!ときど選手生出演

https://www.qab.co.jp/news/20200228123647.html
沖縄県・那覇市出身の東大卒プロゲーマーときど選手が、琉球朝日放送(QAB)で夕方に放送されているニュース番組「Qプラス」に生出演しました。

2020-02-28 (9)

ときど選手出演パートのアーカイブは、QABのサイトで公開されています。

ときど選手は番組で、eスポーツの魅力について、以下のように語りました。


Q.多くのeスポーツの世界大会に出ているという事で、なかなか沖縄には帰ってこられないんですよね?

年に1回祖母に顔を見せに戻るくらいですかね、今は。


Q.世界でどのくらい試合はされているんですか?

年に20回は越えていると思いますね。もう行ったり来たいという感じですからね、シーズン中は。


Q.eスポーツがいずれオリンピック種目か?と言われてますが、これほどeスポーツが広がっている現状についてどう見ていますか?

本当にありがたい限りですよね。
僕らはずっと昔からプレイしていて、こうしてちゃんと扱って頂けるメディアの方々もすごく感謝してますね。
色んな人の努力が実って、今こうしてまさにオリンピックになるかならないか、というところまで来たので、あと一歩頑張りたいですね。


Q.優勝賞金はどれくらいなんですか?

今までのを全部を数えると、たぶん5000万円くらいになってるんじゃないかなと思います。
ジャンルによってはまだまだ賞金が高いゲームもあるので、夢が広がってる世界になっていますね。


Q.東大出身でなぜプロゲーマーになろうと思ったんですか?

僕はもとからすごく格闘ゲームをずっとやってて、好きで好きでたまらなかったんですけど、昔はプロという道がなかったんですよ。
なので趣味で続けていくしかないなと思っていた頃に、在学中に僕の先輩がプロ宣言、プロになったというニュースが流れてきて、ものすごく悩んだんですど、ここで飛び込まなかったら今までずっとゲームをやってきて後悔するだろうなと思って飛び込んじゃいましたね。
今では良い決断をしたなと自分で思います。


Q.その一方で、世の中のお父さんお母さんが、自分の子供がゲームをずっとプレイすることに不安を覚えている人も少なからずいると思うんですよね。それについてどう思いますか?

これはですね、親御さんに言いたいんですけど「ゲームを上手くなりたいんだったら勉強もしなさい」と言っちゃっていいです。
なぜかというと、ゲームも本当にハイレベルになると、現状なってきてるんですよ。
そうなったら、競技なので相手に勝つための戦略を考えないといけない。
そのためには、論理的な思考が必要で、数学とかでたぶん養われると思うんですけど、eスポーツって世界で人気なので、海外のプレイヤーと作戦会議というか戦略の議論をしないといけないんですよ。
そんな時に役に立つのは英語。これは絶対やっといた方がいいです。



Q.ときど選手の本を見ると、ジムや空手など決してゲームだけをしてるわけではないんですよね。これはどういう意図があるんですか?

体を動かすことで、特にジムとか、空手も試合で集中するので、ゲームの試合も体は使わないんですけど、いざ接戦になったりするとすごい緊張したり収集力が必要になったりするんですよ。
そういうところを養ったりできるのかなとか、あとはやっぱり健康ですね。
健康が一番です。健康がないと何もできません。


Q.「東大に受ける努力ではもう勝てない」とありますか、その意味は?

昔はゲームのレベルもあまり高くなくて、勝つための公式みたいなのがあったんですよ。
でも今はこうして夢も広がる世界になっていろんな人が入ってきてるので、これだけやってれば勝てますよっていう世界じゃなくなってきて、正解がなくなってきたんですよ。
なので、日々自分が強くなるために色んなことを探して、だいたい100個試して有効なのは1個くらい。その可能性を探して日々練習で追い求めたりというレベルになってきて、僕はあまり詳しくないですけど、今ビジネスの世界でもそういう風な感じになってきてるんだと言われて、僕の書いた本も一般の社会で役立ってくれたらと思います。
どこか一部分だけでも、という感じですかね。


Q.ときどさんに憧れる子供たちに、どう頑張って欲しいですか?

まず最初は難し事を考えずゲームを楽しんでください。
(そして勉強も・・・)そうです、それは忘れちゃいけません。