このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-22


「TEKKEN World Tour 2020」の詳細が発表されました。

今年のTWTは賞金総額20万ドル以上、昨年好評だったDOJO大会も継続で、大会の数は30以上となっています。
昨年のTWTとほぼ同じようなシステムで、大会の数が増えています。
4月4日(土)・5日(日)の「TOKYO TEKKEN MASTERS 2020」から今年のTWTが始まります。

そして、鉄拳7の全世界販売本数が500万本を突破したことも発表されました。
2019年12月時点でシリーズ累計で4900万本以上とのことです。



TWTの主な発表内容は以下のようになっています。

・ワールドツアーファイナルは2020年12月12日(土)・13日(日)にアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズで開催。
・ワールドツアーファイナルに出場できるのは、ポイントランキング上位19名と、最終予選優勝者1名の合計20名。(昨年と同様)
・トーナメントのカテゴリーは、Master+、Master、Challenger、Dojoの4つ。(昨年と同様)
・Dojo大会は参加人数に応じて獲得ポイントが変動。DOJO16、DOJO32、DOJO64、DOJO96の4つ。(昨年は32+、64+、96+の3つ)
・Dojo大会は昨年と同様に主催者がsmash.ggに申請することでTWT認定大会になる。
・ポイントランキングは10大会(Master&Master+3大会、Challenger3大会、Dojo4大会)で獲得したポイントの最大値を合計したもので争われる。(昨年と同様)
・ポイントランキングは、上記3つのカテゴリーごとに自己ベストで計算される。(参加できる大会数に制限はなく、自己ベストを更新するためにより多くの大会に参加可能)

各カテゴリーごとの獲得ポイント表
2020-02-22 (30)


Tekken World Tour公式サイト
https://tekkenworldtour.com/



2020-02-22 (33)

2020-02-22 (34)

2020-02-22 (20)

2020-02-22 (28)

2020-02-22 (29)

2020-02-22 (35)

2020-02-22 (32)