このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-10-29 (1)


2019年10月29日(火)に第2回「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」が東京証券会館で実施されました。
JeSU(日本eスポーツ連合)のサイトでは、第1回の議事録や各種資料が公開されています。
https://jesu.or.jp/discussion/


また、白根会計&コンサルティングなど、検討会を傍聴した人達が、その内容をTwitter等で詳細にレポートしています。
第2回は市場規模の予測や、ファン層拡大のための施策などがテーマにあげられたようです。

格闘ゲーム関連では、検討会の委員を務めているTOPANGA社長・豊田氏、プロゲーマーのときど選手、たぬかな選手の発言内容を傍聴者がツイートしています。

傍聴者のツイートから一部抜粋
ときど選手
・才能があるのに適正にサポートされない人たちがいる。高校では普及してきたが、小中学校など早い段階で触れる機会を増やして欲しい。
・ゲーマーになる人を増やすためには、ステップになる場所を作る必要がある。

豊田氏
・JeSUのライセンスの必要性、獲得していい事と悪いことを整理して、ライセンスの魅力を高めることが大切。
・ライトファン拡大のためには、カラオケなど普通に行く場所でeスポーツに触れられる仕組みを作るべき。

たぬかな選手
・これからプロになりたい人が迷わないような道筋を作りたい。
・性別や障害の有無で分けないのがゲームのいいところ。女子と男子を完全に分けることには反対。