このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-10-27 (7)


10月27日(日)に開催された「TOKYO TEKKEN MASTERS 2019」にて、鉄拳7のシーズン3アップデート情報が発表されました。
フレーム表示や確反練習モードなど、待望の新機能が追加されます。
フレームデータ表示は有料で3~4ドル程度の価格になるそうです。


1)DLC13 フレームデータ表示機能
・シーズンパスに含まれる。単体価格は3~4ドル程度。
・詳細表示モードでは発生フレーム、硬直差(有利フレーム、不利フレーム)、状態、相手との距離が表示される。
・距離の数値は、腰の中心と腰の中心の距離が表示される。鉄拳のキャラは全キャラ構えでリアルタイムに動いている。実際のゲーム上では、多少のゆらぎがある。だからうまくクリーンヒットしないことがある。距離はジャストの数字ではなく、目安で覚えた方がいい。
・簡易表示モードでは、有利な側が青、不利な側が赤になる。10F以上の有利不利は色が濃くなる。
・フレーム表示はプラクティス以外にも、プレイヤーマッチやトーナメントモードで観戦している時にもONにすると研究しながら観戦できる。
・ランクマッチの時には出せない。
・鉄拳は全てのビデオゲームの中で、1キャラごとの技の数が最多。ギネス記録が取れるレベル。

2)サンプルコンボ大幅追加
・技表にあったサンプルコンボをメニューの1項目として追加した。
・始動技ごとに簡単なものから難しいものまで用意している。

3)確定反撃練習モード
・対戦でよく使われる技を中心に選んで練習できる。
・木人がオススメの確定反撃の技を教えてくれるだけでなく、反撃するタイミングも分かる。
・ハードモードでは、リストから相手が出す技を設定して、その中からランダムで技を出してくる。
・ノーマルモードでは、成功するまでずっと同じ技をやってくる。ハードは完全にランダムで出してくる。
・相手が技を出す前に自キャラに照準が表示される。下段なら下に出る。これも消すことが出来る。消せば上級者向けになるし、しゃがめない人は照準を見てからしゃがめる。

4)マイリプレイ&TIPS
・自分の対戦がリプレイで記録されていく。
・リプレイを見ながら確定反撃ポイントがTIPSで表示される。
・リプレイなので一時停止やスキップ、次のTIPSまでのジャンプなどもできる。

5)原田コスチューム配信
・エイプリルフール企画の原田コスチュームが実装。
・無料で追加予定。