このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-09-18 (4)

プロゲーマーのウメハラ選手が、現在炎上中のJeSUとももち選手の問題について、個人配信で語りました。
ウメハラ選手はももち選手について、プレイヤーとして必要不可欠な存在だとべた褒めしています。
また、JeSUとライセンス制度については、現時点で悪いことをしていないなら、叩かれるのはかわいそうだと語っています。


【9月17日の配信でウメハラ選手が語った内容】
・プレイヤーももちはすごい。すごく苦手な相手に当たらなかったくじ運の良さはあったけど。

・CPTでこういうキャラが勝つんでしょっていう空気がプレイヤー間にも蔓延していた。攻撃力が高くてセットプレイ、固めの強い、押し付けるキャラが最終的にトーナメントで勝つみたいな。

・あれをももちが何回もやるのは無理だと思う。でも奇跡みたいな勝利をここ一番でやってくるのが持ってる。幻想だとしても、幻想を与えられるプレイヤー。ああいうのがないと見ない。『もういいよ、このキャラ強いんでしょ?その中で期待値高いプレイヤーの誰かが勝つんでしょ?』って冷めた視線を持っちゃう人達もいる。ああいう夢を見させるプレイは必要。いなきゃいけないプレイヤーだと思う。




【9月18日の配信でウメハラ選手が語った内容】
・モニターの話はすごく面白かった。モニター代が引かれたのはマジで面白い。この話で一番面白いのはそこ。

・日本だとああいう制度がないと、怖くて賞金が払えないっぽい。前にスクエニが高額賞金を出せなかったこともあった。

・俺がメーカーだったら怖くて危ない橋を渡りたくない。なんで金払う側なのにリスク背負わないといけないんだよって思いそう。金を貰う、儲けようとするならまだしも。

・逆にJeSUがライセンスを配ることで、最終的にどういう悪行が可能なの?それで最終的にとんでもない話になるなら、未然に防ぐために私は貰いませんというのは分かる。何かそういうリスクがあるのかね?

・世界征服できるんだったら俺もライセンス返却する。さすがに怖い。

・率直な意見を言うと、たぶんこれからの若い人達にとってはいい時代になると思う。俺ら世代がしたような苦労はしないようになっていって、俺みたいなタイプはちょっとつまんないなーって。若い人には申し訳ないし、ただの自分の感傷に浸っているのは重々分かった上で、なんかそういうの整備されていくと寂しいなつまんないなとは思う。全然そういう活動をやめろとかじゃなくて、一回レールに乗ってるからそっちに行くと思うんだけど。

・ももちみたいな損な我慢をしているのは、旧格ゲーの人たちっぽくて面白いなと思う。こういう人達がいなくなったら格ゲー界の魅力が減るとは思う。

・ただJeSUやカプコンが悪いとは思えない。ももちのやってることは面白いなと思う。目先の利益にホイホイいかないで面白い。昔のゲーマーっぽい頑固さだと思う。

・そこ拘るとこなのかな?ってはたから見て思うことをやるのが、格ゲーマーのいいところだと思う。

・JeSUの人は浜村さんしか知らないけど、今のところ悪いことしてないから、その段階で叩かれるのはかわいそう。

・ももちの拘りは面白いしそのまま貫けばいいとは思うけど、それで叩かれてる人がいるのはかわいそう。人間だから将来的には利益を見込んでるだろうけど、現状は種まきの段階。苦労に見合わない利益しか上がってないと思う。

・額が上がったからって例外は作れない。

・490万円を拒否れる時代になったんだなー、一昔前じゃ考えらんないな・・・。

・俺ぐらいの立場になると、コミュニティが活性化するとダイレクトに自分の人生に影響がある。そりゃためになることをする。これ以外の生き方出来ないし、立場的にも盛り上がってくれれば仕事も増えるだろうし。人が増えて盛り上がってくれるならなんでもいい。そのためなら寄付でも何でもする。

・俺たちがずっと大事にしてきたコミュニティに、お金が動くようになってから入ってくる人達への憤りはわかる。コミュニティを継続させてくれた人が恩恵を受けてない話は本心だけど、その人達に気兼ねすると業界は前に行かない。

・結婚を考えている人がいて、1人しかいない親から出ていかれるとすごく寂しいと言われたとして、親に気を使って結婚しないのと似てる。親には感謝してても、その後の自分の人生は長い。ずっとその人に配慮してても自分の人生が疎かになる。業界もそうだと思う。

・業界を前に行かせる気があるのかどうかが焦点。この業界はもうこのままでいいと思うなら、新しく入ってくるものは拒否すべきだし、変わっていく様を見たいなら拒否できない。

・どっちが良いとかじゃない。俺もプロじゃなかったらこのままでよくね?と思いそう。立場とか考え方の問題。

・プロライセンス制度ができて高額賞金がもらえたり、今までチャンスが回ってこなかった奴らが高額賞金の大会に出られたりして、ホクホクしてる奴の方が圧倒的に数が多い。少なくとも若い世代は喜んでる。

・俺が優勝してたらなぁ・・・例えば日本の格ゲーコミュニティに還元しますとかだったら文句出なくなるのかな。優勝してそこでプロライセンス返却とかどうだろう、かなり狂った人になるよなー。「すいませーん10万円しか貰えませんでしたー!!」って(笑)。そういう遊びもアリだよね。面白いけど大勢の人間を敵に回すだろ、刺されるかもしれない。さすがにそんなリスクは背負えない。もしくは全額差出人不明で大貫にあげてみた!とか。お金の使い道は人それぞれだけど、さすがに良くない使い道。