このエントリーをはてなブックマークに追加
loserinthisindustry

What happens to losers in this industry? Daigo shares three paths that players take when they're failing to get wins


ウメハラ選手が、プロの世界で思うように勝てない人が取る選択肢は3つあると語った内容が翻訳されて海外で取り上げられています。


・大会で結果が出ていない人がとる選択肢は3つ。
・1つ目は耐えてもっと一生懸命頑張る。これは限界が来る。どんな人間でも結果が出てないのに頑張り続けるのは無理だから、その人の耐久値が切れる前に結果が出なければ爆発する。耐久値が切れる限界の前に結果が出る自信があるなら、耐えてひたすら頑張る。
・2つ目は、頑張るんだけどきつくなってきたから1回休憩。ゲームの練習とか海外に行くのとかを休む。きつい人にとっては良くあるパターン。
・3つ目は、もう何も感じなくしちゃう。そもそも頑張らない。頑張るとショックを受けるからあんまり頑張らない。それが最終手段、死への道だと思うけど(笑)
もう大会で負ける事は大したことじゃないですって自分の中に変換しちゃう。これは危険で、これをやっちゃうと破滅するからお勧めしない。雀荘だと結構ある。
・3つ目は多い。危険と言いつつ一番多い。人間そんなに強くない。
・俺は3つのうち、1と2の間。勝とう勝とうとすると今回のガイルは病む。Cabaには刺激を受けた。
・マゴさんはもう何年も無痛になってそう。


以上のような内容です。

やはり海外でもマゴ選手のことを残念に思うコメントが目につきます。
eventhubsやYouTubeのコメントでは
「マゴは今でもプレイしてるの?大会にはまだ出てるの?スポンサーは?」
「彼はもうTOP32すらほとんど入ってない。どうして彼は消えてしまったんだろう。スト5は彼のゲームじゃなかったんだろう。スト6で復活してくれることを祈ってる。」
といったコメントもありました。