このエントリーをはてなブックマークに追加
collision19

2019年8月17日(土)にペルーのリマで鉄拳ワールドツアー・マスター大会「COLLISION 2019」が開催されました。
CPTで例えるならプレミア大会に相当するTWTのマスター大会ということで、南米で開催されるにもかかわらず韓国勢やタイのBook選手など鉄拳7のトッププレイヤー達が多数参加しました。


そんな大会のTOP16は以下のようになっています。

順位プレイヤー名使用キャラ負けた相手獲得pt
優勝Abel del Maestroエディ、エリザRoynichi(GF)300
2位Roynichiファラン、ギースAbel del MaestroAbel del Maestro(GF)220
3位NeNe The Dragon一八YAKORoynichi150
4位Ruperto平八、マードックAbel del MaestroNeNe The Dragon100
5位タイkkokkoma一美、ポール、ギース、ドラグノフAbel del MaestroNeNe The Dragon70
5位タイSAINTジャック7Roynichi(GF)Ruperto70
7位タイBookCHAOZRuperto45
7位タイqudansデビル仁SAINTNeNe The Dragon45
9位タイMisterioレオ、一八Rupertoqudans25
9位タイYAKOアリサkkokkomaBook25
9位タイChinoMakerジュリアNeNe The DragonRuperto25
9位タイCHAOZ吉光RoynichiNeNe The Dragon25
13位タイNemaxクラウディオPanchoaqpMisterio10
13位タイLa parkaクラウディオ、ラースSAINTChinoMaker10
13位タイWaTaFacラッキークロエ、シャオユウstrawberryBook10
13位タイPHALPYDジャック7kkokkomaNeNe The Dragon10


地元ペルーのAbel del Maestro選手が優勝しています。
準優勝のRoynichi選手、3位のNeNe The Dragon選手もペルー勢。4位のRuperto選手はコロンビアベネズエラ勢です。

鉄拳業界はこれまでの韓国勢一強という風潮からかなり大きな変化が訪れているようです。
「EVO 2019」で優勝したArslan Ash選手などパキスタン勢だけでなく、南米にも韓国やアジアのトッププレイヤーを倒すほどの強豪プレイヤーが育っていたようです。


トーナメント表
https://smash.gg/tournament/collision-2019-peru/events

配信アーカイブ
https://www.twitch.tv/videos/468495771

Tekken World Tour公式
https://tekkenworldtour.com/




大会前の野試合でqudans選手が、ペルー最強三島使いSergieMazter選手との三島対決で0-10の敗北を喫したそうです。
SergieMazter選手が大会では25位タイとなっています。

【動画を追加しました】