このエントリーをはてなブックマークに追加
metoo1

誤解を招く伝わり方をしてしまったとのことで、gooseさんが一部ツイートを削除し謝罪しています。当記事も、それにあわせて内容を修正しました。


「EVO 2019」でレッドブルが主催したアフターパーティーで問題が発生して以降、アメリカの格ゲーコミュニティでのセクハラや性暴力問題が取り沙汰されています。
そのような問題はアメリカだけの問題かと思いきや、実は日本でも発生していた事が明らかになりました。

日本でのセクハラ被害を告白したのは、コスプレやストリーマーとしても活動しているgooseさんという外国人の女性プレイヤーです。
彼女は、以下のようなツイートをしています。
日本の格ゲーコミュニティのメンバーからセクハラされたことを話すのは割に合わないと思いました。
誰も知らないか、あまりにも重要で人生を本当にストレスあるものにするかどちらかです。
だから、私は何も言いませんでしたし名前を言うつもりはありません。

皆さんが知ることで、コミュニティにいる多くの男性がショックを受けて、良くしようとしてくれることを願います。
男女問わずほとんどの格ゲーコミュニティのメンバーは素晴らしい人たちです。
女性がいなくなって欲しくありません。一緒に安全で楽しいものにするために行動しましょう。

今後は、もし何かあったら私の身の安全を確保できる限りそれをお話しすることを約束します。
日本の格ゲーコミュニティで女性たちは私たちの中で友達を作り、プライベートでお互いに避けるべき人は誰かというよりむしろプレデター(捕食者)について話し合います。
しかし、最終的には変われることを願っています。
日本の格ゲーコミュニティで、何人もの女性がセクハラ被害を受けているという勇気ある告発です。
加害者が誰なのか個人名を明かすつもりはないそうですが、今後同じようなことが起こった場合は全てを明らかにする方針のようです。
彼女は、この告発によって日本の格ゲーコミュニティが変わってくれることを期待しているそうです。


アメリカでは、EVOのアフターパーティーで複数の女性が性暴力被害を受けたことが明るみになって以降、FGCにおけるセクハラ問題が深刻に受け止められているようです。

レッドブル主催の「EVO 2019」アフターパーティーでセクハラや性暴力の被害が複数発生、知らない間に飲み物にデートレイプドラッグを入れられた報告も

http://chigesoku3.doorblog.jp/archives/55674327.html
EVOの運営に関わっている元MadCatz・マークマンことMark Julio氏も
「女性と全ての人にとってより良く安全な場所にするつもりです。正直に言うと、今年娘をイベントに連れて来なかった本当の理由は、100%良い環境だと確信できなかったからです。今、私たちはこれまで以上に断固として改善する決意をしています。
とコメントしています。

そんなアメリカでは、女性へのセクハラ行為が判明した人物が続々大会から出禁になっているようです。
上記アフターパーティーの加害者はもちろん、プロゲーマーのGllty選手もセクハラ行為もしくは”不適切な物理的接触”を理由に、複数のアメリカの大会で出禁になっています。
出禁になった大会は「Texas Showdown」「Combo Breaker」「East Coast Throwdown」「CEO」「Frosty Faustings」などです。

Gllty選手の件はredditでも大きな話題になっており、出禁騒動を取り上げているメディアもあります。

https://nordic.ign.com/dragon-ball/28133/news/multiple-sexual-misconduct-allegations-rock-the-fighting-game-community-following-evo-2019