このエントリーをはてなブックマークに追加
nemojobs

1ヶ月ほど前にネモ選手が配信で語った内容が、英訳されてYouTubeにアップロードされています。
ネモ選手はスクウェア・エニックスで働きながら、Team Liquid所属プロゲーマーとしての活動も両立している稀有な存在です。

どうやって会社員とプロゲーマーを両立しているのか、ネモ選手は以下のようなことを語っています。


・海外大会には有給休暇を使って行っている。台湾や韓国なら、金曜に行って月曜帰国してそのまま出社とかで、有休休暇をなるべく使わないようにしている。
・有給休暇が足りなくなった場合に備えて、「欠勤でいいから大会に行かせて欲しい」と人事に相談済。人事からは、「上司がそれで評価してくれるならいいんじゃないですか」と感じでOKを貰えているので、休みとかは気にしなくていい。
・休むことでスクエニの給料は下がっても、プロゲーマーの方で補えればという感じ。
・スクエニに残業という概念はなくて、裁量労働。1日の労働時間は7時間くらい。大会前は午後2時くらいにあがってファミ通部屋に行ったりしている。週1回くらいファミ通部屋に行きたい。
・スクエニではプロジェクト全体のQA(品質保証)管理、進捗管理的な仕事をしている。タスク管理の仕事。作業の漏れがないか?どういう理由で工数が増えているのか?等を判断して、開発コストを下げていく仕事をしている。
・その他には、いろんなタイトルに協賛をつけられないか?と営業している。
・「ドラゴンクエストウォーク」はうちの部署から出るのでよろしくお願いします。

配信アーカイブ