このエントリーをはてなブックマークに追加
evo2019lineup

2019年8月2日(金)~4日(日)にアメリカ・ラスベガスで開催される世界最大級の格闘ゲーム大会「EVO 2019」のメイン種目の参加登録が締め切られ、各種目の参加登録者数が公開されました。

2018年12月に発売されたシリーズ最新作「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」が、参加登録者数3492人で最多となりました。

次に「ストリートファイター5アーケードエディション」が1929人。4年目となり徐々に参加登録者数は減少傾向にあるものの、近年のEVOのトリを飾ってきたビッグタイトルの人気は健在といったところでしょうか。

「鉄拳7」は年々数が増えている不思議な現象が今年も続いており、ついにスト5に並ぶほどのエントリー数になりました。

新作の「サムライスピリッツ」「モータルコンバット11」はもちろん、2年目の「ドラゴンボールファイターズ」、そして今年初めてEVOのメイン種目に採用された「アンダーナイトインヴァースエクセレイトエスト」が1000人越えとなっています。


メイン種目の参加登録者数を、過去4年分まとめると以下のようになっています。
2019-07-15 (4)


「EVO 2019」smash.gg
https://smash.gg/tournament/evo-2019/details

「EVO 2018」の参加登録が締切、メイン種目のエントリー数が発表!!ドラゴンボールファイターズが2575人、スト5AEが2484人、鉄拳7が1538人、BBTAGが1178人など