このエントリーをはてなブックマークに追加
guraburu

Cygames and Granblue Fantasy: Anime Expo 2019 Interview with the Producer and Director


2019年7月4日~7日にアメリカ・ロサンゼルスで開催された「Anime Expo 2019」でCygames関係者が「グランブルーファンタジーヴァーサス」(以下グラブルVS)について明かした情報が、海外サイト「RPG SITE」にまとめられています。
シリーズのディレクターである福原哲也氏と、プロデューサーの木村唯人氏がインタビューで以下のようにコメントしています。


・βテストのフィードバックを受けた変更点の1つは、スキルのクールダウンのUI。クールダウン中なのかどうか分かりにくいというフィードバックがあったので、ビジュアルアップデートをする予定。
・グランブルーファンタジー初の格ゲーなので、カタリナのようなIPを代表するキャラや人気キャラをプレイアブルにしたい。
・既に過去の格ゲーでいくつかのバトルスタイルが確立されている。キャラクターのタイプやそのスタイルに合うか考慮している。
・最近原作に追加されたキャラは参戦できないような開発上の制約は無い。原作よりも先にグラブルVSで出ているものもある。
・シャドウバース等で培ったeスポーツの経験がある。グラブルVSは長い期間プレイできるゲームになると信じている。
・DLCでキャラ以外のものも追加したいと思っている。詳細は明かせないが、計画はある。
・グラブルの最初の家庭用タイトルなので、他のゲームからのコラボ参戦よりグラブルキャラの参戦に集中したい。