このエントリーをはてなブックマークに追加
gafro

ウメハラ選手が大会に持ち込んだことで大きな話題となった改造コントローラーの製作者で、プロゲーマーのガフロ選手が、ワンコネクトとの契約が2019年6月末で終了となることを発表しました。





公開された動画では、ガフロ選手から以下のようなことが語られています。

・ワンコネクトとの契約が2019年6月末で終了。
・「Combo Breaker」前にカプコンが「CPTの精神にそぐわないものは認めない」というコントローラーのレギュレーションに関する声明を出した。これによって、自分のコントローラーを使って渡航費を出して貰って海外大会に出ることが難しくなった。
・ウメハラ選手が、自分の作ったコントローラーで出られなかった
・増設ボタンを埋めて、左右同時押しをニュートラルにすることも出来る。それで他の大会に出られるかどうかが不明。アメリカに往復15万の渡航費を出して貰って行って、出られないとかレバーを借りて十分なパフォーマンスを出せないなってはいけないので、今年の海外大会は自粛する。それにともないワンコネクトとの契約終了。(カプコンから6月下旬に発表)
・ルールの問題点が浮き彫りになった形で、今後明確化されていくと思う。良い方向に向かっていくと思うので、そこは良かったと思う。来年ルールが明確化されることで自分の活動がしやすくなる。
・最近はひたすらコントローラーを作っていた。5月分の受注だけで100近く来ていた。製作は1日3個がやっと。1度に10個くらいホールソーで穴をあけようとしたら腰を痛めて4時間くらい動けなくなったこともあった。
・変なパーカーを着るのが嫌だからやめるわけじゃない。そんな人はいないと思う。
・大会出場は少しストップするつもり。復帰するようになったら応援して欲しい。


Twitterでは事実上の引退を匂わせるツイート内容ですが、十分な休養を取って再び元気な姿を見せてくれることを期待したいものです。

【スト5AE】CPTのコントローラーに関するルールが更新。攻撃ボタンは8個まで、同じ方向キー入力を2つ以上設置することを禁止、左右同時は両方維持または不成立に

カプコンがコントローラーの使用規定について公式発表「競技に有利性をもたらすコントローラーの使用はCPTの精神に沿わない。CPTルールにない場合、現地大会ルールを尊重する。」

ウメハラ選手がガフロコン騒動で謝罪「コントローラーに関する議論が生まれたのは良い事だと思いますが、運営に迷惑がかかるのは想定外でした。本当に申し訳ありませんでした。」

Hitboxとガフロボックスの違い、SOCD Cleanerとは?なぜSOCD Cleanerを採用するのか?ガフロボックスは何がスゴイのか?