このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-04-14

バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏が、鉄拳の開発費について自身のTwitterで明かしています。

・ステージの開発費は、3D格ゲーの方が2D格ゲーよりも格段に高い。
・リングアウト・無限ステージよりも、複数部屋・オブジェクト破壊・床破壊多重構造の方が高くなる。
・鉄拳で1ステージ5000万円なら最安値。
・キャラクターの製作費はステージよりさらに高額。鉄拳は格ゲーの中でも最も高額。
・初動2ヶ月で200万本を売って、そこから300〜500万本と伸びていくタイトルは、開発費も高い。
・国内ではメジャーでも、海外合わせてやっと100万本いくかどうかのタイトルやジャンルは開発費がかけられない。

以上のような内容です。
昔よりもハードのスペックが上がってより綺麗なグラフィックと高いクオリティで作り込まなければいけないということで、開発費の高騰は想像できますが、1ステージ作るのに最低でも5000万円となると、ステージだけで数十億円の開発費がかかっていそうです。