このエントリーをはてなブックマークに追加
tukuba-tokido

東大卒プロゲーマー・ときど選手が、2019年5月15日(水)に行われる筑波大学・ACPC連携講座「ライブ・コンテンツ論」第4回の講義に招聘されていることが判明しました。
テーマは「ライブとしてのeスポーツ」とのことで、「TokyoGameNight!!」発起人の宮尾英水氏とともに、登壇するようです。

ときど選手については、”プロeスポーツプレイヤー”という肩書で
『東大卒の日本を代表するプロゲーマーで、「ストリートファイターV」の世界チャンピオン』
『「情熱大陸」にも出演したときどさんには、プレイヤー目線で様々なお話を伺います』
といった説明がされています。