このエントリーをはてなブックマークに追加
victrix-profs

アケコンの遅延を調査した動画を公開しているシリル氏さんから、海外で3月15日に発売されたアケコン「Victrix Pro FS Arcade Fight Stick」の情報を頂きました。

Victrixはももち選手、チョコブランカ選手らのスポンサーとしても知られており、海外の大会でもVictrixのアケコンを使うプレイヤーの姿がチラホラ見られます。
「Victrix Pro FS Arcade Fight Stick」の筐体は航空機にも使われるアルミニウム合金が使われており、開閉機構搭載、スティックの取り外しが出来るため持ち運びにも便利。
スティックとボタンは三和電子製パーツが使われており、着脱可能なUSB Type-Cケーブルや、3.5mmヘッドホン端子、人間工学に基づいた手首に優しい形状などといった特徴があります。
victrix-profs2

日本では未発売ですが、アメリカのAmazon.comで注文することが出来ます。
Amazon.comで購入すると4万7000円以上かかる高級アケコンではあるものの、既に相当数の日本のプレイヤーがこのアケコンをAmazon.comで購入している模様です。Twitterでも購入報告が散見されます。

シリル氏さんによる、入力遅延(インプットラグ)の検証動画は以下URLにて公開されています。比較対象の「Qanba Drone(BBTAGモデル)」は、現在市販されているアケコンの中でも最も遅延が少ない部類の製品です。検証結果を見ても、現在市販されているアケコンで最高クラスの優秀な結果になっています。

過去の「Qanba Drone(BBTAGモデル)」の入力遅延検証動画はコチラ




Victrix公式サイト
https://www.victrixpro.com/en/



参考URL

シリル氏さんのレポート
https://twitter.com/nikogel360/status/1115286885285253120