このエントリーをはてなブックマークに追加
DSCF0817

2019年3月25日にHyperXのキーキャップ「HyperX Double Shot PBT Keycaps」が発売されました。
Kingston Technology Company, Inc.の日本でのPR代理業務を行っている日本サード・パーティ株式会社様から本製品を提供頂いたので、レビュー記事を掲載します。

「HyperX Double Shot PBT Keycaps」
公式サイト
https://www.hyperxgaming.com/jp/keyboards/keyboard-accessories/double-shot-pbt-keycaps

Amazon.co.jp商品リンク
https://amzn.to/2U1kFZu



まずはパッケージの写真から。
DSCF0821
DSCF0820
DSCF0818
DSCF0819



開封すると、真空パックみたいな感じでキーキャップが3つの袋に分けて入っています。
キーボードのどこにどのキーがあるのか分かるように絵が入った紙も同封されています。
キートップ引き抜き工具も同封されています。
DSCF0823
DSCF0827
DSCF0859
DSCF0825



キーキャップを取り出してみました。
英語配列の104キーボードに対応していて、全てのHyperXキーボードで使用可能とのこと。
DSCF0832



筆者が普段使用している「Alloy FPS RGB」(右)と「Double Shot PBT Keycaps」(左)のキーキャップを並べて撮影。
「Double Shot PBT Keycaps」の方が、表面がザラついてて触った感触がいいです。
キートップ表面がツルツルだと皮脂の汚れなどが目立ちやすいですが、これなら多少は大丈夫そうです。公式サイトによると、耐油性に優れたダブルショットPBT素材とのこと。
DSCF0841



「Alloy FPS RGB」のキーキャップに比べると、微妙に天面のカーブが緩く平坦になっています。
DSCF0840
DSCF0843







CherryMX軸でも使えるようです。(右の「Alloy FPS RGB」はKailh銀軸)
DSCF0836
DSCF0837

筆者が以前使っていたFILCOのMajestouch Convertible 2(CherryMX赤軸)でも、アルファベットキーは普通に使えました。
DSCF0862



筆者が愛用している「Alloy FPS RGB」のキーキャップを換装してみました。
まず、「Alloy FPS RGB」のデフォルトでついてるキーキャップを全て外してKailh銀軸を剥き出しに。
約半年使っていたので、溜まっていた埃をきれいに掃除しました。
DSCF0845
DSCF0847
DSCF0848


「Double Shot PBT Keycaps」に換装が完了しました。
白と黒のツートンカラーでちょっとオシャレなキーボードになりました。
ピアノの鍵盤みたいなカラーリングでいい感じです。
DSCF0875
DSCF0853
DSCF0878
DSCF0880

ちなみに付属の工具を使って「HyperX Double Shot PBT Keycaps」を外す時は、横向きに差し込んで引き抜いた方がスムーズに引き抜けます。横長のキーは縦に差し込むことになりますが、ちょっと力を入れて挟まないと工具の爪がすっぽ抜けてキーキャップに傷がつく可能性があります。


光らせてみました。以前は光が漏れるような感じのライティングでしたが、より発光が目立つようになりました。
DSCF0873
DSCF0864
DSCF0865
DSCF0874
DSCF0868
DSCF0869
DSCF0870
DSCF0871
DSCF0872


お気に入りのキーボードにアクセントを加えるカスタマイズアイテムとして、「HyperX Double Shot PBT Keycaps」はかなりオススメ出来るアイテムだと思いました。
キーボードをもっと光らせたいという用途以外にも、耐油性もあるPBT素材なので皮脂汚れが付きにくそうなのが特にいいです。表面の肌触りもほどよくザラついててナイスです。
また、HyperXのロゴなどもなく一見してどこの製品なのか分からないシンプルなデザインです。
Fnキーとあわせてメディアコントロール機能などを使う場合は、どれが何の操作に対応しているのか覚えておかないと分かりにくくなりますが、普段から使っているキーボードであれば問題なさそうです。

ゲーミングキーボードの「Alloy FPS RGB」については以前の記事で取り上げましたが、本当にいいキーボードです。
使い始めて約半年になりますが、普段使いでもゲーム用途でもとにかく素晴らしいです。
シンプルで無駄のない薄型の筐体に、軽く押すだけで反応するKailh銀軸、Fnキーで音量調節やメディアコントロールも出来て、ゴテゴテしない全体的なバランスの良さが最高です。
HyperXのキーボードは以前は英語配列ばかりで、そこがネックでした。
使い慣れればそう不便は感じませんが、最近は日本語配列のものも発売されるようになってきて、「Alloy FPS RGB」の日本語配列バージョンが発売されたら覇権間違いなしではないかと個人的に思ってます。



「Alloy FPS RGB」も「Double Shot PBT Keycaps」もAmazon等で購入できます。

HyperX Alloy FPS RGB

HyperX Double Shot PBT Keycaps

「Alloy FPS RGB」はFF14推奨キーボードとして売られているようですが、FPSやバトロワ系、MOBAなどPCでゲームをする人ならちょっと触れば良さが分かると思います。

「HyperX Alloy FPS RGB」レビュー。Kailh銀軸キースイッチ搭載のメカニカルゲーミングキーボード