このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-13 (3)

家庭用「鉄拳7」で、新日本プロレス・棚橋弘至選手のラース専用コスチュームを使用して配信をしているプレイヤーが、キングレコードから著作権侵害の申し立てを受けたとツイートしています。

問題のコスチュームは、2018年5月31日に配信された発売一周年記念無料開放アイテムに収録の「棚橋弘至×ラース」コスチューム
このコスチュームを使用するとレイジアーツが「スリングブレイド」に変化し、最終ラウンドでBGMが棚橋選手の入場曲「LOVE & EBERGY」に切り替わるという仕様になっています。
https://www.tk7.tekken-official.jp/special/?tab=9
https://www.tekken-official.jp/tk7frac/njpw/

今回、コスチュームに連動して切り替わる棚橋選手のBGMが、YouTubeの著作権侵害検知システムに引っかかったようです。
バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏は、プレイヤーからのツイートにリプライする形で「それは困りますね。こちら我々の方で少し動いてみます。」とコメントしています。