このエントリーをはてなブックマークに追加
twt2018final


2018年12月1日(土)・2日(日)にオランダ・アムステルダムで開催された鉄拳7世界大会「TEKKEN World Tour Finals 2018」のまとめ記事です。

「TEKKEN World Tour」ポイントランキング上位19名と大会初日に行われた最終予選優勝者・Ghirlanda選手(イタリア)の合計20名で行われ、出場者20名を4つのグループリーグに分けて各グループリーグの1位がウィナーズ、2位がルーザーズから始まるダブルエリミネーション形式のトーナメントに進出という形で実施されました。

結果は以下のようになりました。


順位プレイヤー名使用キャラ負けた相手
優勝Rangchuパンダ、クマ、ギース
フェン
Knee
2位qudansデビル仁Rangchu(GF)Rangchu(GF)
3位Kneeスティーブ、ポール
デビル仁、リリ
qudansRangchu
4位Chanelエリザ、アリサ
Rangchu
5位タイJimmy J TranブライアンqudansChanel
5位タイJeonDDingエディ、ラッキークロエ
Rangchu
7位タイノビドラグノフ、スティーブ
Chanel
7位タイJoey Furyジャック7、ポール
JeonDDing
9位タイAnakinジャック7グループA3位
9位タイLowHighロウ、シャヒーングループB3位
9位タイティッシュもん横とびマスターレイヴングループC3位
9位タイGhirlandaカタリーナグループD3位
13位タイSaintジャック7グループA4位
13位タイSuper Akouma豪鬼グループB4位
13位タイJDCR平八、ドラグノフグループC4位
13位タイKkokkomaギース、デビル仁
一美
グループD4位
17位タイFergus飛鳥、アンナ
カタリーナ
グループA5位
17位タイタケ。ポールグループB5位
17位タイノロマジャック7、デビル仁グループC5位
17位タイBookグループD5位



【グループリーグの結果】
TEKKEN WORLD TOUR
Finals グループA
Rangchu
Chanel
Anakin
Saint
Fergus
成績
1
Rangchu
3勝1敗
+4
パンダ、クマ2-02-11-22-0
2
Chanel
3勝1敗
+4
エリザ、アリサ0-22-02-02-0
3
Anakin
2勝2敗
±0
ジャック71-20-22-12-0
4
Saint
2勝2敗
-1
ジャック72-10-21-22-1
5
Fergus
0勝4敗
-7
飛鳥、アンナ
カタリーナ
0-20-20-21-2

TEKKEN WORLD TOUR
Finals グループB
Jimmy J Tran
JeonDDing
LowHigh
Super Akouma
タケ。
成績
1
Jimmy J Tran
3勝1敗
+3
ブライアン2-02-12-00-2
2
JeonDDing
3勝1敗
+3
エディ
ラッキー・クロエ
0-22-02-02-1
3
LowHigh
2勝2敗
+1
ロウ、シャヒーン1-20-22-02-0
4
Super Akouma
1勝3敗
-5
豪鬼0-20-20-22-1
5
タケ。
1勝3敗
-2
ポール2-01-20-21-2

TEKKEN WORLD TOUR
Finals グループC
qudans
Joey Fury
ティッシュもん横とび
JDCR
ノロマ
成績
1
qudans
4勝0敗
+6
デビル仁2-02-12-02-1
2
Joey Fury
2勝2敗
±0
ジャック7、ポール0-22-01-22-1
3
ティッシュもん横とび
2勝2敗
-1
マスターレイヴン0-20-22-02-1
4
JDCR
2勝2敗
-1
平八、ドラグノフ1-22-10-22-1
5
ノロマ
0勝4敗
-4
ジャック7
デビル仁
1-21-21-21-2

TEKKEN WORLD TOUR
Finals グループD
Knee
ノビ
Ghirlanda
Kkokkoma
Book
成績
1
Knee
3勝1敗
+4
ポール、スティーブ1-22-02-12-0
2
ノビ
3勝1敗
+3
ドラグノフ
スティーブ
2-12-11-22-0
3
Ghirlanda
2勝2敗
±0
カタリーナ0-21-22-02-1
4
Kkokkoma
2勝2敗
±0
ギース、デビル仁
一美
1-22-10-22-0
5
Book
0勝4敗
-7
0-20-21-20-2

【最終予選の結果】

優勝 Ghirlanda (カタリーナ)
2位 ダブル(ロウ)
3位 Dimeback (飛鳥)
4位 CuddleCore (アリサ)
5位タイ DritonRama (ロウ)
5位タイ ペコス (ギース)
7位タイ Joonya20z (エリザ、カタリーナ)
7位タイ DougFromParis (スティーブ)






韓国のRangchu選手が、昨年王者のqudans選手をルーザーズから破って見事優勝しました。
レベルの高い韓国勢がTOP4を占め、日本勢はノビ選手が7位タイ、タケ。選手が13位タイ、ノロマ選手が17位タイ、イタリア勢にカウントされているティッシュもん横とび選手が9位タイなどとなっています。

大会の合間にはシーズン2DLCの情報公開なども行われ、原田氏からは鉄拳7の売上が360万本を突破したことも明かされました。来年のワールドツアー開催も決定したとのことで、まだまだ盛り上がりが続きそうです。


トーナメント表

配信URL

tekken channel