このエントリーをはてなブックマークに追加
panthera-evo


アケコンの遅延を調査した動画を公開しているシリル氏さんが、RazerののPS4用アケコン「Panthera Evo」の入力遅延(インプットラグ)について調査した結果を公開しています。

比較対象は「Qanba Drone BBTAGモデル」とのことですが、過去のテストではHORIの「ファイティングエッジ刃 for PS4/PC(1.17)」と同等のインプットラグのようです。


検証動画を見る限り、「Qanba Drone」や「「ファイティングエッジ刃 for PS4/PC(1.17)」と並んで市販のアケコンで最も遅延が少ないアケコンだと言えそうです、

Panthera Evo」は、日本国内では2018年内に発売予定となっていますが、海外では11月に発売されています。
レバーが三和電子製というところは「Panthera」と同じですが、Razer独自のメカニカルスイッチを採用したボタン、ヘッドホン端子が追加、天面の開閉機構がなくなっているなど違いがあります。

ちなみに情報を提供頂いたシリル氏さんによると、日本発売前に日本のRazer Storeから購入できたそうです。
(現在は在庫切れですが、11/19、11/22に販売があったのを確認とのこと。)



シリル氏さんの過去の検証動画

Razerの新作アケコン「Panthera Evo」はどんな製品か。仕様に込められた思いをマークマン氏に聞いてみた

PS4用アーケードスティックの新製品「Razer Panthera Evo」が公式サイトで発売

HORIの「ファイティングエッジ刃(PS4)」と三和電子「MoNo」の入力遅延検証動画。ファイティングエッジ刃は、Razer Pantheraと同等以上の低遅延、HORIアケコンでは最も低遅延な製品らしい