このエントリーをはてなブックマークに追加
infilevo2016

2か月ほど前にredditに投稿された匿名の告発文をもとに、海外の格闘ゲーム界隈でで大きな反響を
呼んでいた、韓国のプロゲーマー"INFILTRATION"選手の元妻へのDV疑惑について、スポンサーのPanda Grobalが調査結果と声明を発表しました。

まとめると以下のような内容です。

・2017年10月22日にINFILTRATION選手と元妻との間で口論になり、その結果INFILTRATION選手は
接近禁止命令と類似のものと思われる処分を受けた。
・2017年11月30日にINFILTRATION選手が、暴力行為を認め罰金として70万ウォン(約630ドル)を支払った。
・本件に関するPanda Grobalによる調査結果のサマリーを公開する。
https://ja.scribd.com/document/393305829/Investigation-Summary
・この結果、Panda GrobalとINFILTRATION選手の契約を終了する。
・INFILTRATION選手は、自発的にCPT2018&2019への参加を自粛することを決定した。




INFILTRATION選手からの声明も、Panda Grobalが公開しています。


Panda Globalの声明の動画



それぞれの疑惑について、Panda Grobalが調査した事実をまとめたサマリーでは、redditに書き込まれた内容に対する調査結果がまとめられています。
かなり細かく調査結果が記述されていますが、一部抜粋すると以下のような調査結果が書かれています。


【時系列】
2017/10/22
 INFILTRATION選手と元妻の間で起こった口論が音声ファイルとして録音される。
 INFILTRATION選手は逮捕され、元妻は一時的な接近禁止命令に似た命令を受け取る。

2017/10/29
 元妻が負傷したことを記した診断書が発行される。

2017/10/30
 15分の音声ファイルから26ページの書き起こしが作られる。

2017/11/2
 INFILTRATION選手が元妻にコンタクトをとり、翌日にINFILTRATION選手の母親と一緒に
 元妻が住む家からINFILTRATION選手の所持品を集めると通知する。
 元妻は、INFILTRATION選手が(婚姻?)関係を継続することに同意して(元妻が住む)家に戻ることを同意しない限り、許可しないと返答する。

2017/11/3
 接近禁止命令が解除される。
 INFILTRATION選手が共同賃貸住宅を訪れるが、入ることが出来ない。

2017/11/4
 警察の許可を得て、元妻に伝えた後で鍵屋の手を借りてINFILTRATION選手が家から私物を回収する。

2017/11/9
 INFILTRATION選手が元妻に対して、彼が住宅の頭金として支払った10万ドルを要求する訴えを起こす。

2017/11/13
 元妻がINFILTRATION選手にたいして刑事告発をする。

2017/11/30
 INFILTRATION選手に対する判決が下され、630ドルを支払う命令と「暴行」の罪に問われる。

208/2/19
 INFILTRATION選手が財産紛争に勝訴。元妻はこの決定に控訴。

2018/2/28
 元妻がINFILTRATION選手に対して、マンションのカギへの損害で訴える。

2018/4/19
 INFILTRATION選手が壊した鍵の件で「物的損害」の罪に問われ、300ドルを支払う命令を受ける。
 罰金は全て支払われる。

2018/9/7
 財産紛争において、音声の書き起こしと診断書が元妻によって証拠物件として法廷に提出される。

2018/9/20
 元妻の財産紛争の控訴についての審理が法廷で行われる。


【INFILTRATION選手が元妻を暴行した疑惑について】
・2017年10月22日にINFILTRATION選手と元妻のえ離婚話のもつれから口論が起こり、警察沙汰になった。
・INFILTRATION選手は、警察に逮捕された。この時、INFILTRATION選手は彼に対する主張に異議を唱えなかった。(長期の法廷闘争を避けるため警察に勧められた。この時INFILTRATION選手に弁護士はいなかった。)
・INFILTRATION選手には、2017年11月3日までの接近禁止命令が出された。

【INFILTRATION選手のDVでの有罪判決について】
・2017年11月13日に、元妻がINFILTRATION選手を告発した。
元妻の申請が審査され、INFILTRATION選手は70万ウォン(630ドル)の罰金を科された「暴行」の罪で告訴された。
この件に関して、これ以上の処罰も訴訟もなかった。
「暴行」の罪では、最大で懲役2年と500万ウォン(4500ドル)が課される。INFILTRATION選手は、軽い処罰を受けた。
音声記録の書き起こしと医療メモの証拠は、裁判所の不動産部門の訴訟の控訴で提出されたものであった。

【INFILTRATION選手が賠償金を支払っていないという疑惑について】
・2017年11月9日にINFILTRATION選手が起こした訴訟が継続中。これは、INFILTRATION選手が元妻に対して、彼が支払った共同賃貸住宅の10万ドルの頭金を請求するもの。
2018年2月にINFILTRATION選手が勝訴し、元妻がこのお金を払い戻すよう命じた。
元妻がこの決定に不服申し立てをしており、2018年11月に評決が下る。

【元妻の家を訪れ、物を壊して逮捕されたという疑惑について】
・接近禁止命令が解除される前日の2017年11月2日、INFILTRATION選手が母親とともに私物を取りに家を訪れると元妻に連絡したが、元妻は(婚姻)関係を継続して家に戻ってやり直すことに同意しないのであれば、ドアを開けないと返答。
・2017年11月3日、INFILTRATION選手が訪れるがドアのパスコードが変更されており、共同保有している家に入れなかった。INFILTRATION選手は警察に相談し、彼には自分の家に入る権利と錠を開けるために鍵屋を雇ってドアを開ける権利があることを知らされた。このことを元妻にも伝えたが、よりを戻すのでなければ元妻がINFILTRATION選手にパスコードを教える義務がないと返答があった。
・2017年11月4日に、INFILTRATION選手は鍵屋を雇って錠を壊して家に入り、自分の所持品を捜索した。
・2018年2月28日に元妻が錠を壊したことでINFILTRATION選手を訴え、器物損壊で300ドルの支払いを命じられた。鍵を壊して入っただけで、この時にINFILTRATION選手が元妻に暴行したという証拠はない。
(※11/16 17:51 インフィルが家に戻る、鍵屋のくだりが分かりにくく誤訳もあったので、修正しました)

【元妻が事件の後、身の安全を心配していたという疑惑について】
2017年10月27日から2017年11月30日まで、元妻はINFILTRATION選手に連絡を繰り返した。 送信されたメッセージには、INFILTRATION選手に離婚しないで欲しいという要求が含まれており、それ以外にはINFILTRATION選手の健康を気遣うものだった。
・INFILTRATION選手は、自分の荷物をピックアップする以外のこれらのメッセージに返事をしなかった。

【INFILTRATION選手が窒息寸前まで元妻の首を絞めたという疑惑について】
・10月29日に元妻が取得した診断書は、あざと手首に入院の必要のない怪我をしたと10月23日に診断されたもの。
・診断書の記述は短く情報が限られており、怪我や手首以外の場所の説明はない。
傷害の証拠写真はこれまでに裁判所に提出されたことはない。



カプコンからも声明が出されました。

・2018年11月15日付で、INFILTRATION選手はCPT2018グローバルランキングで11位(1600pt)となっているが、本人の参加自粛のため、それ以下の順位の選手の順位が1つ繰り上がる。
・再犯があった場合は、CPTから永久追放する。

Capcom Response to Charges Against Seon-woo “Infiltration” Lee

2018-11-16 (1)
CPTのランキングでもINFILTRATION選手の欄がグレーになっています。