このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-27 (2)

『スプラトゥーン2』×NPBという異色の組み合わせは、イカにして実現したのか? NPBのキーマンにインタビュー


「ストリートファイター5」のプロデューサーを務めていた杉山晃一氏が、現在はDeNAでeスポーツ関連の仕事をしていることがファミ通.comの記事で判明しました。

現在の杉山氏は、DeNAに在籍しており、「ゲーム・エンターテインメント事業本部 事業戦略室エグゼクティブ・プロデューサー エレクトロニック・スポーツ総合管理グループ グループマネジャー」という肩書のようです。紹介文でも、以前はスト5を手掛けていたと説明されています。

杉山氏は『スプラトゥーン2』を使用したプロ野球12球団のeスポーツ大会の実現にあたり、NPBがアドバイスを求めたDeNAのキーマンとしてインタビューを受けています。
eスポーツ市場の説明や企画提案などといったアドバイスをしたそうです。

杉山氏は、野球ファンとゲームファンの関係性に言及しており、親子で楽しめるコンテンツとして『スプラトゥーン2』が最適だと判断したそうです。また、賞金だけでなく技術や腕前を見せる場所、甲子園のような共感・感動が生まれることが大事だとコメントしています。

カプコンで「ストリートファイター5」プロデューサー等を務めたキャリアや、格闘ゲーム業界での経験を生かして、新天地で羽ばたく杉山氏の活躍を応援したいですね。

「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」の開催について

【噂】「ストリートファイター5」プロデューサーの杉山氏が、ディー・エヌ・エーに移籍していたことが発覚か?