このエントリーをはてなブックマークに追加
ae-title

2018年10月24日(水)に配信された「ストリートファイター5アーケードエディション」Ver.03.091アップデートで、インプットラグの改善や追加コンテンツの配信等が行われました。

Ver.03.091タイトルアップデートのお知らせ(10/24)

2018年10月24日のサーバーメンテナンスにて、
ストリートファイター∨のバージョンが【03.091】となりました。

■きまぐれ占い
・追加コスチューム「ガンスパイク:ナッシュ」が目玉の
「悲劇の参謀」を開始しました。

■その他
・道場ポイント(DP)の取得条件・獲得値について一部変更しました。

DPはアーケード・サバイバル・エクストラバトル・ランクマッチ・カジュアルマッチ・バトルラウンジをプレイ することで獲得できますが、以下のプレイでDPを獲得できるのは1日10回までと変更しました(ドロー含む)。

* ランクマッチの対戦で負けた時
* カジュアルマッチの対戦で負けた時

「バトルラウンジ内の対戦」「アーケード・サバイバルモードでの各難易度プレイ」は変更なく、1日10回までとなります。

※道場ポイント獲得値の調整は今後の状況次第で変更する場合がございます。

・CFNのレスポンス改善のため、過去3ヵ月以上前のタイムラインデータを削除しました。

・10月23日に発生した一時的なログイン障害につきまして、切断時に減少したLPの補填を行いました。

・ボタン、キー入力の反応速度を改善いたしました。

今後も引き続き、操作や対戦が円滑に行えるようにアップデートを繰り返して参ります。
各仕様の修正や改善内容については随時アップデートニュースでお知らせいたします。



アップデート内容の中でも、インプットラグ関連の改善は事前に公式Twitterで告知されていました。
本件は、フランスのコンピューターサイエンス博士号を持つWydD氏が発表したことで物議を醸した、いわゆる”ゆらぎ”と言われるインプットラグの周期的な変動の改善にあたります。

ストリートファイター5はインプットラグの変動が不安定。コンピューターサイエンス博士号を持つ海外勢が解析した結果、安定しないインプットラグと周期的な変化を確認




”ゆらぎ”の発端となったWydD氏も、早速Ver.03.091アップデート後のインプットラグを計測した結果を公開しています。
結果としては、完璧ではないものの周期的に変動していたインプットラグの”ゆらぎ”が改善され、それによってインプットラグの平均値も約1フレームほど短縮されているようです。


PS4版の計測結果(Ver.03.091)
平均4.41フレーム、安定性77%


インプットラグの”ゆらぎ”が、以前よりも改善されていることが分かります。
https://twitter.com/WydD/status/1026568117382725634



PC版の計測結果(Ver.03.091)
平均3.19フレーム、安定性95%




DisplayLagのPS4版の計測結果(Ver.03.091)では、平均5.3フレームとのことです。





2018年10月18日時点のインプットラグ計測結果
以前の計測結果では、スト5はインプットラグが平均5.37Fで安定性40%となっています。



WydD氏の計測結果は以下で公開されています。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1C7v7BEygImS6PvLS5U54ulABAnFSkZ4P0fBVqM0opGE/edit#gid=357810280