このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-09 (2)

韓国・鉄拳の聖地GREEN ARCADE、21年の歴史に幕――独自レバーをも作り出した名物ゲーセンの尋常ならざる熱意


先日閉店した韓国のゲームセンター「GREEN ARCADE」の記事が、IGNに掲載されています。
鉄拳の聖地として21年にわたって続いてきた名物ゲーセンですが、店長が高齢ということで閉店になったそうです。

記事では、店内の設備や独自レバー開発など、ゲーマー達の注文に応える店長の情熱の数々がインタビュー形式でまとめられています。



韓国鉄拳の聖地「Green Arcade」が閉店。家庭用「鉄拳7」のシーズン2アップデートやDLCキャラがアーケード版でリリースされていないことも影響か?