このエントリーをはてなブックマークに追加
ae-title

「ストリートファイター5アーケードエディション」のインプットラグ改善に関するものと思われる告知が、カプコンのストリートファイター公式Twitterで行われました。
10月24日のメンテナンス作業で、ゲーム中のボタン・キー入力の反応速度に関する対応を行う予定とのことです。

「Unreal Engine 4」を使用するゲームには、もともと「Unreal Engine 4」に由来するインプットラグが存在していましたが、「Unreal Engine 4」バージョン4.19アップデートで入力遅延が(60FPSのゲームの場合)2F短縮という改善がされています。

スト5でも、この「Unreal Engine 4」由来のインプットラグを解消するパッチが10月24日に配信されるものと思われます。



【追記】
スト5ではプレイ中、60秒前後の周期でインプットラグが増大、リセットを繰り返す、いわゆる”ゆらぎ”の問題も確認されていますが、これについても修正が期待されます。



Unreal Engine 4のバージョン4.19アップデートで入力遅延が2フレーム改善される模様。30fpsのゲームで約66ms、60fpsのゲームで約33msの入力遅延減少が可能に

http://chigesoku3.doorblog.jp/archives/52234627.html

バンナム原田氏「アンリアルエンジン4のインプットラグ解消パッチは、Windowsアップデートのようにはいかない。全てのUE4使用タイトルで、独自に最適化が必要。」