このエントリーをはてなブックマークに追加
final-fighters-china

先週、中国・西安で開催されたCPTプレミア大会「Final Fighters China 2018」は、中国国内の事情が見え隠れするところもある大会でした。

事前に噂になっていた大会指定Tシャツ着用については強制ではなかった模様ですが、ゲーム中のコスチュームについては指示があったようです。
中国のネット配信での規制?を考慮して、露出の少ないコスチューム使用を具体的に指定している文書をCPT公式配信で実況席にいたZhi氏が公開しています。

中国に限らず、世界各国で大会を開催するにあたって、過度な肌の露出があるコスチュームが禁止されることは今後もありそうです。
EVOがTV中継された時も、露出度の高いミカのデフォルトコスチュームにクレームがきたことがありました。

【EVO2016】ふ~ど選手がストーリーコスチュームを使っていた理由は、ESPNから『レインボー・ミカのデフォコスは肌を露出しすぎ』とクレームが入ったため





ちなみにこの大会では、5位タイに黄洋面(HuangYangMian)選手、7位タイにPithead選手が入るなど中国勢の活躍も目立ちました。

WEILI選手は、中国プレイヤーのことを知ってもらおうと思って、日本勢に中国プレイヤーの使用キャラ等の情報を教えたそうですが「お前のせいで負けた」とスパイ扱いされてしまったそうです。
ネモ選手(+ふ~ど選手、ももち選手)が「WEILIはスパイだ」と言っていたとPithead選手が発表したことで、中国コミュニティでスパイ扱いされてしまったとのことです。