このエントリーをはてなブックマークに追加
tokido-book-taiwan

ときど選手の著書「東大卒プロゲーマー 論理は結局、情熱にかなわない」の翻訳版が、台湾で発売されたそうです。
日本では2014年7月に発売された本ですが、台湾版ではGamerBee選手の推薦文も掲載されているようです。



http://www.books.com.tw/products/0010784764
「只有勝利,才是我的存在意義!」という本のタイトルは『勝利だけが、私の存在意義だ!』という意味のようです。
説明文を翻訳サイトにかけると、以下のようになります。

ときどは豊かな家庭で育って、父は大学教授で、小学校の時には、従兄とゲームをして試合に夢中になった。父親は「成績が優秀なら、新しいゲームを買ってあげます」という言葉に終始していた。


17歳は大学の進学圧力を恐れず、第1度で電競世界選手権を獲得した。その後、ゲームによって蓄積された技術や理論によって、日本第一学府の東京大学を攻略した。「格ゲーwiki」は、「彼は驚くほど聡明な頭脳によって徹底的な合理性を追求し、彼の対戦スタイルから理解できるのは、さすが東大出身。」


ときどは、理論と効率、「勝利至上」の心をもって、天下無敵の手をかけていたが、同じ人の目の中では無情で、世間知らずの暴れん坊や、敵陣の敗戦によって正座して謝罪した窮地になって、人生に忘れられない敗北の経験になった。


本書では、東大卒業の世界電撃優勝のときどが、初対面で「東大卒業だったのに、なぜプロゲーマーになったの?」という質問に正面から質問されることになりました。彼は私の人生の成功の道を教えてくれ、世界の優勝後の自負を私に分析しています。反省と、日本社会に対する期待と、「東大卒業は高級公務員」の伝統的な人生の道をあきらめ、競争力を職業とする決意と勇気を決意!


30世代のときどはまだ若く、ストーリーは長い。


この本はすべての拍手の背後にある世界のチャンピオンの道を教えて、すべて1段は勇敢に自分に直面して、奮起して夢を追う物語があって、世界で20年余りの彼は、命に感謝して、彼の人生を変え、彼に情熱を与えた。彼は言いました。「私はゲームにすべて捧げていて、私はゲームの存在に感謝しています。将来、格闘ゲームで死ぬまで打つことを望みます!」



【勝利こそ意味がある】
どんな相手にも勝るように求めているのは、自分のことを証明するものだ。勝利だけは、プロのeスポーツ選手ときどのスタイルと意味である。

【データを広く読む】
自分の最も適したゲーム役を探し出す/研究課題。

【最短時間で敵を攻める】
対策をどんどん研究して、私が勝つだけでいい!

【偶然に逃げないように】
偶然に出てきた小さな成功は、成功の原因をよく探って、次々と成功を繰り返す!

【続けていく情熱を探し出す】
もし内在していかなる情熱の聖火が見つからないならば、多くの時間を使うことができなくて、精神に集中できなくて、何度も誤りを試みることができません。

【体を鍛える】
毎日、サラリーマンのようにジムに到着したり、栄養補給をしたりして、試合をするためにも、今はリラックスして性能を発揮する。

【いい人が頭に出る】
長寿型のトップの達人は、自分と対戦相手が一緒に成長することを望んでいるプレイヤーである。長い間、このようなプレイヤーは、揺るがない勝者になることができる。

todai-sotsu-progamer