このエントリーをはてなブックマークに追加
LJL

LJL最悪の日 Dara選手引退について

https://note.mu/j1n1/n/n74d7938e449d

Dara選手、引退。

http://burning-core.com/news/981
リーグオブレジェンド(LoL)の韓国人プロゲーマーDara選手が、引退を発表しました。
Dara選手は日本のLoL発展に多大な貢献をしたベテランプレイヤーとのことですが、その引退の理由が「LJL(日本の公式リーグ)の失望した。1部リーグでPENTAGRAMの人と会うのはどうしても無理だった。怖い記憶がよみがえってまともにプレイ出来ない。心が壊れてしまった。」というものです。

Dara選手は旧所属チームのPENTAGRAMを退団する際、関係者に何時間も拘束されて在留カードを取り上げられたと語っており、パワハラを通り越した人権侵害と言えるのかもしれません。
最近日本でも盛り上がりつつあるeスポーツの代表格であるLoL業界での不祥事。格闘ゲーム業界としても他山の石としたいものです。

「私はプロを引退します。理由はLJLに失望しました。1部でRPGの人と会うのは心がどうしても無理でした。RPGを考えたら怖い記憶が戻って頭が痛い、薬が必要。ゲロでプレイが出来ない。心が壊れてしまった。私は韓国に帰ります。」

「在留カードを渡さないと韓国に帰さないって言われて、私はそうするしかなかった。外に出ようとしたら追いかけてくる。大きな怒った声でプレッシャーを私にあげる外国で一人の私に力はなかった。本当に怖かった。」

「RPGの公式メッセージは、自分がしたこと一個も認めてない。「在留カードはRPGのもの。置いていかないと韓国帰さない」これを預かっただけって言う。ごめんの気持ちを期待した自分が馬鹿と思ったし、悲しいだった。そういうことをして、ペナルティ3ヶ月の世界にも、もういたくない」

「ファンさんたち、俺にいつも力あげて感謝します。ファンさんたちがなかったら、もっとはやく引退してたと思います。まっててくれたのにごめん。いままでありがとうございます。」

「BCは俺に機会をくれてありがとうございます。メンバーには本当にごめんね。皆の成長みる楽しかった。皆とごはんもあそぶも楽しかった。皆の心が凄く暖かいだった。ありがとまたね。」