このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-12-13


eスポーツ団体の統合・新設に向けた取り組みについて
https://www.cesa.or.jp/uploads/2017/release20171213.pdf


日本のeスポーツ関連5団体が、現在3つあるeスポーツ団体の統合・新設を2018年春に実施することを発表しました。
そして、新設団体が2018年2月10日(土)・11日(日)に開催される「闘会議2018」の共同主催者となり、『ストリートファイター5アーケードエディション』『鉄拳7』を含む5タイトルのプロライセンス発行第1号となるeスポーツ競技大会を開催する事があわせて発表されました。


プロライセンスが発行されるのは、以下の5タイトルです。
・ウイニングイレブン2018
・ストリートファイター5アーケードエディション
・鉄拳7
・パズル&ドラゴンズ
・モンスターストライク

「闘会議2018」は上記5タイトルのesportsプロライセンスが発行される最初の大会が開催され、一般社団法人デジタルメディア教会(AMD)より総額1000万円の賞金が拠出されるとのことです。

格闘ゲーム関連では『ストリートファイター5アーケードエディション』『鉄拳7』の2タイトルで、誰がプロライセンス第1号となるのか、注目のイベントとなりそうです。


闘会議2018公式サイト
http://tokaigi.jp/2018/


スト5AEは完全招待制大会になるそうです。



鉄拳7は予選を開催
tekken7pro


CESAなど5団体が国内e-Sports3団体の統合・新設を来春早々に実施へ。“プロライセンス”周りの取り組みも発表

http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20171213083/

スマホゲームのプロゲーマーが生まれる!?『パズドラ』『モンスト』にesportsプロライセンスの発行が決定【闘会議2018】

https://app.famitsu.com/20171213_1197731/

【今日の話題】『パズドラ』や『モンスト』でプロゲーマーになれる可能性

https://app.famitsu.com/20171213_1197724/

“『鉄拳7』日本王者決定戦”の上位3名が、闘会議2018でのプロライセンス発行大会への出場権を獲得することに!

https://www.famitsu.com/news/201712/13148069.html