このエントリーをはてなブックマークに追加
DSCF0508


HyperX様のご厚意により、2017年9月21日発売のゲーミングキーボード「Alloy FPS Pro」キーボードをご提供頂いたので、レビューを兼ねて記事を書きます。


まずは「Alloy FPS Pro」の概要です。

DSCF0500

・87キー英語版メカニカルキーボード
・FPSプロフェッショナルに理想的なテンキーレスデザイン
・CherryMXメカニカルキー搭載
・LED点灯パターンは6通り、明るさは5段階の調整が可能
・ゲームモードで100%アンチゴースト、Nキーロールオーバー
・スチールフレームを採用することで、激しいゲームプレイ中にもすぐれた堅牢性と正確な打鍵をサポート
・取り外し可能なケーブル


【製品仕様】
alloy-fps-pro
※日本国内では当面の間、CherryMX赤軸モデルのみとのこと。

製品公式サイト
https://www.hyperxgaming.com/jp/keyboards/alloy-fps-mechanical-gaming-keyboard

先日の記者説明会で撮影した写真
DSCF0513
DSCF0510
DSCF0516



                              
パッケージ
DSCF0608
DSCF0610
DSCF0612



開封
DSCF0613
DSCF0616
DSCF0618


ケーブルは布巻の着脱可能なUSBケーブルです。長さは180cm。
DSCF0619


キーボードに接続。USBケーブルのコネクタがしっかり固定されてガタつきがありません。
DSCF0642
DSCF0640
DSCF0639



キーボード本体
DSCF0622
DSCF0632
DSCF0633
DSCF0656


筐体からキーが浮き出たフローティングキーのカッコイイデザインです。キーキャップを外して掃除もしやすそう。
DSCF0638
DSCF0636


各言語で書かれた説明書などが同封されています。
DSCF0615
DSCF0635




光らせてみました。ちなみに色は赤のみです。
DSCF0643
DSCF0647

キーキャップを外してみました。LEDは上側についてます。
DSCF0654
DSCF0670
DSCF0649


発光パターンは以下の6種類。
 ・左から右に流れるパターン
 ・WASDと1234、Ctrl、スペースのみ常時発光
 ・通常は消灯、キーを押した時のみ、そのキーを中心に周囲に光が流れるパターン
 ・通常は消灯、キーを押した時のみそのキーが短時間点灯
 ・全体がゆっくりと点滅
 ・全体が常時点灯
DSCF0631
FNキーと上下キーで明るさ調節、左右キーで発光パターンの切り替えが可能です。
DSCF0644
ちなみにゲームモード(Shift+F12)とかShift+CapsでHyperXロゴの右のランプが白く光るんですが、まぶしく感じる人は目隠しテープ等で隠しましょう。
DSCF0666


【まとめ】
非常に質感が良く高級感の漂うコンパクトなかっこいいメカニカルキーボードです。
CherryMX赤軸のタイピングの心地良さはもちろん、適度な重量と安定感が気に入りました。
筐体は薄型ノートPCのように薄く、筐体からキーが浮き出たフローティングキーの外観がスタイリッシュでかっこいいです。

ケーブルの長さも180cmと長く、デスクトップPC本体との距離が少し離れていても届く素晴らしさ。
着脱可能なケーブル(布巻)のコネクタがしっかり固定されてグラグラしないところも良かったです。
余計なソフトのインストールも不要で、ケーブルを挿すだけですぐに使えて持ち運びにも最適です。
タイピングしているだけで楽しい気分になる最高のキーボードだと思いました。

また、細かいところですが、パーツの工作精度も良く品質の高さを感じました。
筆者が以前購入したことのある1万円以上するR社の人気キーボードは、キーによってタイプ感覚が微妙に違ったりキーキャップにバリ(パーツを切り離した時の切断面に残る小さな突起)が多数あって萎えた思い出がありますが、Alloy FPS Proはそのような違和感は一切ありませんでした。
上記で触れた着脱ケーブルの安定感もあわせて、さすがその辺のメーカーとは違うな・・・と感じました。

注意点としては、英語配列のキーボードなので、筆者のように普段日本語配列のキーボードを使っている場合はある程度慣れが必要になると思います。
ちなみに筆者は最初、何の設定変更もせず日本語キーボードからAlloy FPS Proに繋ぎかえたのですが、Enterキーを押したつもりがその上のキーを押してしまい""と入力されてしまったり、キートップに印字されている記号と実際に入力される記号が違ったりして戸惑った情弱です(汗)
Windows10の「設定→時刻と言語→地域と言語」からキーボードの設定が可能です。キーボードの英語配列・日本語配列の違いで色々困っている人は下記URLを参考にすると良いでしょう。

Windows 10:英語配列キーボードを日本語環境で使う際に便利なTipsまとめ

http://enjoypclife.net/2016/10/17/windows-10-us-keyboard-layout-japan-tips/
英語配列と日本語配列のキーボードについて
https://blog.tsukumo.co.jp/gaming/2015/04/post_16.html

日本国内では当面の間、赤軸のみの販売とのことですが、青軸や茶軸といったラインナップに加えて日本語配列のバージョンも発売してくれると嬉しいかなと思いました。
ゲーム用途であれば筆者が普段プレイするLoLなどのPCゲームでは、英語配列のキーボードで全く問題なくプレイできます。

[TGS 2017]HyperX,10キーレスタイプのゲーマー向け英語配列キーボード「Alloy FPS Pro」を発売
http://www.4gamer.net/games/026/G002635/20170920099/