このエントリーをはてなブックマークに追加
tekken7lag


Findings from Noodalls - Tekken 7 Input Lag Averages at 7.2 Frames

http://www.avoidingthepuddle.com/news/2017/6/1/findings-from-noodalls-tekken-7-input-lag-averages-at-72-fra.html
様々なゲームやコントローラーの入力遅延(インプットラグ)を調査しているNoodalls氏が、「鉄拳7」の入力遅延を調査した結果が公表されました。

それによると、PS4版「鉄拳7」の入力遅延は約7.2F、Xbox One版「鉄拳7」は6.2Fとなっています。
過去の調査結果によると、PS3版「鉄拳タッグトーナメント2」が5.7F、PC版「スト5」が4.4F、PS4版「スト5」が5.3F、PS4版「Injustice2」が5.5F、KOF14が4.6Fなどとなっています。

Noodalls氏の過去の調査結果
http://forums.shoryuken.com/discussion/214170/noodalls-input-lag-testing-unique-method-games-controllers-etc-inj2-ps4-added


DisplayLagの調査結果では、PS4版「ストリートファイター5」の入力遅延は6.2Fとなっています。
調査環境で遅延の数字が異なるため、鉄拳7は鉄拳TT2やスト5よりも入力遅延が大きいという程度の情報として受け取った方が良さそうです。





遅延に関するバンナム原田氏のツイート

韓国の鉄拳プレイヤーSaint選手は、PS4版の方がアーケード版よりも入力遅延が大きいと感じていたようです。




テスト動画

左がBenQ Zowie RL2755(遅延10.2ms)とXbox One
右がASUS Evo monitor(遅延8.3ms)とPS4 Pro
とのことです。