このエントリーをはてなブックマークに追加
harada0429


【インタビュー】「有機ELはクリエイターには危険な画質です!」『鉄拳』シリーズプロデューサー原田勝弘氏

https://alienwarezone.jp/post/213
ALIENWARE ZONEで、バンダイナムコゲームスの原田氏がゲーミングノートPC「New ALIENWARE 13」を使用した感想と、鉄拳シリーズや格ゲー制作に関する内容を語ったインタビュー記事が掲載されています。

かなり長い記事となっていますが、ノートPCの話だけでなくゲーミングディスプレイ、PCゲーム、VR、鉄拳シリーズ、原田氏個人の事にも触れられています。是非読んでみてはいかがでしょうか。


記事内のトピックを一部抜粋

・ハイスペック志向な原田氏の自宅PC(水冷、1200Wh電源、4Kモニターと「GeForce GTX TITAN X」をSLIで2枚刺し)
・キーボードは会社と自宅で「Key Tronic」製を使用
・「New ALIENWARE 13」を使用した感想
・有機ELがゲームに与える影響
・原田氏の自宅でのゲーム環境との比較
・ノートPCとVRとの相性
・PCでゲームをプレイする利点
・鉄拳シリーズのこだわり
・3D格ゲーでは、手足の先に黒は使わない方が良い。動きが映えず評価が低くなるので、暗い色を使わず手足を大きくする必要がある
・鉄拳7は一八と平八の過去の因縁を、初見でも分かるようになっている
・鉄拳7では、過去の鉄拳でしか見られないムービー等はほぼ無い。