このエントリーをはてなブックマークに追加
tekken7-601
バンダイナムコゲームスの原田勝弘氏が、自身のTwitterで現在の鉄拳シリーズの売上は95%が海外という構成になっていて、日本国内での売上が10万本程度で爆死だとかコメントする事はナンセンスだと語っています。

日本国内での格闘ゲーム市場は近年縮小しつつある印象ですが、原田氏に言わせれば国内で売れなくても海外で売れているので問題ないそうです。
「ストリートファイターV」も売上の92%が海外ということで、日本国内で売れていないように見えても、海外で売れ続ける限り格ゲーの未来は明るいということでしょうか。

カプコン辻本会長『ストリートファイターVの売上は92%が海外。eスポーツでフィーバーしていて、長くストリートファイターのビジネスが続いていく』

http://chigesoku3.doorblog.jp/archives/49898543.html