このエントリーをはてなブックマークに追加
MvCI

『MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE』はパートナーとの共闘感を重視、シリーズの根幹に迫るストーリーモードの実装も!【PSX 2016】

http://www.famitsu.com/news/201612/05122248.html
「Marvel vs. Capcom Infinite」の開発者インタビューがファミ通.comeventhubsなどに掲載されています。
前作の3vs3から2vs2になり、新たなシステム「インフィニティストーン」やシネマティックストーリーといった要素が現時点で発表されていますが、開発者インタビューで判明している内容を一部抜粋して掲載します。

・Marvelとカプコンの世界が融合された背景を描く本格的な「シネマティックストーリー」が搭載される。
・Marvelファンは、ストーリーを待ち望んでいた。どのようにして2つの世界が融合し、なぜキャラクター達が戦うことになるのかが描かれる。
・ストーリーにも絡む重要なキーである「インフィニティストーン」から、4ではなく Infiniteとなった。Infiniteというタイトルには「長くプレイして欲しい」「プレイに無限の可能性をもたらす」という意味が込められている。
・2vs2になった理由は、チームワークと共闘感を重視するコンセプトがあったから。
・アシストはないが、いつでも交代可能で交代後すぐにキャラを操作できることで戦略の深みがなくなることはない。
・バトル中に効果の異なる6種類のインフィニティストーンを使用することでキャラを強化することができる。
・新システム「インフィニティストーン」の目的は、キャラの個性を強調しつつ3人目がいなくても戦略的なアドバンテージを提示するため。
・チームに応じてインフィニティストーンを選ぶことで、大きな逆転システムにもなる。
・インフィニティストーンは、ほとんど3人目のキャラクターのようなもの。
・登場キャラはほぼ決まっている。ロックマンXは北米人気が高かった。ファンの要望にも応えていく。
・アンリアルエンジン4が使われている。


開発には、「ストリートファイター4」シリーズ、「ストリートファイターV」で北米コミュニティの声を開発チームに届ける役目を担った事で知られるコンボフィーンド氏も深く関わっているそうです。(Combofiend is said to be heavily involved in the testing process.)

Developers talk about why Marvel vs. Capcom: Infinite is a 2v2 title instead of 3v3, removal of assists, and other topics

https://www.eventhubs.com/news/2016/dec/04/developers-talk-about-why-marvel-vs-capcom-infinite-2-vs-2-title-instead-3-vs-3-why-there-are-no-assists-and-other-topics/

Infinity Stone will give you huge comeback mechanics, team hyping up Marvel vs. Capcom: Infinite's story mode

https://www.eventhubs.com/news/2016/dec/04/infinity-stone-will-give-you-huge-comeback-mechanics-team-hyping-marvel-vs-capcom-infinites-story-mode/

Marvel vs. Capcom: Infinite announced, late 2017 release date - 2v2, features Infinity Stones

https://www.eventhubs.com/news/2016/dec/03/marvel-vs-capcom-infinite-announced-playstation-experience/






「Marvel vs. Capcom 3」「Ultimate Marvel vs. Capcom 3」のプロデューサーを務めたカプコンの新妻良太氏は本作の開発には一切関わっていないそうですが、「Marvel vs. Capcom Infinite」について自身のTwitterでコメントしています。








『MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE』続報が到着――2017年後半にPS4、Xbox One、PCで同時発売

http://www.famitsu.com/news/201612/04122169.html