このエントリーをはてなブックマークに追加
topanga-interview0605






2016年6月5日(日)の韓国『STREET FIGHTER V CRASH』の優勝チーム「TOPANGA」のマゴ選手、ももち選手、ときど選手のインタビュー動画がYouTubeで公開されています。

大会の感想から、次回の大会への要望や、ストVで改善して欲しいところなど、約30分のインタビューで色々な事を語っています。



以下、インタビュー内容の書き起こしです。




Q.優勝の感想は?

マゴ:
優勝できて嬉しいです。チームメイトに恵まれて、また次の機会があればこのチームで出たいです。

ももち:
プロツアーで優勝するのと同じくらい嬉しかったです。
個人戦とは違ってチーム戦ということで、自分だけのために戦っているのではないというのもすごく力になりましたし、喜びも倍になったので凄く楽しかったです。

ときど:
今のももち君のコメント、僕がさっきしたコメントそのままパクられましたね。
チーム戦って久しぶりなんですよ。ほとんどの大会は個人戦なので、負けて終わって悔しいなって思うだけだったんですけど、まあ今回は負けてもまだチームメイトが頑張ってくれるんじゃないかと思ってチームメイトの応援とか、癖を伝える役割とかもできたし、チーム戦は個人戦とは全然違う喜びがありました。



Q.ももちさん、1-4から5タテした時の戦略や気持ちを教えてくれますか?

ももち:
1周目のときに3人抜かれたんですけど、それはしょうがないなという気持ちで3人とも落ち着いていて焦ってはいなかったです。そこがすごく大きかったのかなと思います。
そこで落ち着けないとそのまま6-0で負けていたと思います。
ふ~どにある程度負けるのはしょうがなくて、しっかりふ~どをどこかで止める事ができれば、自分たちにチャンスが来るかなと思っていました。




Q.ときど選手とインフィル選手の対決が実現するかが注目されていましたが、そうなりませんでした。今の気持ちを聞かせて下さい。

ときど:
前の大会まではゲームが出て間もない頃に強い2人だったので、優勝と準優勝で上手くいけたんですけどやっぱり僕もこの大会であまり活躍していなかったですし、INFILTRATION選手もところどころ負けるところもあって、勝ち続けるというのは並大抵ではないんだなという事がひとつ。
個人的に彼と勝負したい気持ちがあるので、次に当たった時は勝ちたいです。




Q.チーム戦と個人戦はどの点が違いますか?

マゴ:
基本的には1回負けて終わりというのと、いつもは1つのキャラを2回なんですけど、団体戦だと3人で3キャラ使っているので、同じような展開で負ける事が少ないです。

ももち:
さきほど言った事と被りますが、チームメイトがいるから出せる力もあると思います。
自分が負けてもチームメイトが勝ってくれることもありますし、逆にチームメイトが負けたから自分が勝ってチームに勝利をという気持ちを強く出せるので、そこが個人戦とは違うと思います。
あとは普段の練習で、お互いが持ってる力を全員分かっているので、アドバイスをする時も大会を踏まえたアドバイスが出来たり、作戦の部分も楽しかったです。

ときど:
彼ら2人はどう思っているか分かりませんが、僕はほとんど個人戦のことを考えていて、個人戦で当たる時にこの2人(マゴ&ときど)を絶対倒してやるぞっていう気持ちが強かったんですけど、ドラゴンボールの悟空とピッコロとべジータが(ももち『誰が悟空なの?(笑)』)協力してフリーザとか魔人ブウとかと戦っちゃったらどうなるの?っていう感覚ですよね(笑)。それがすごい面白かったです。




Q.これまでの試合で大変だったシーンは?

ときど:
やっぱり今日じゃないですかね(笑)。

マゴ:
いままで勝ち進んでくる中で、準々決勝ですか?Razerチームと当たったんですけど、負けても決勝に上がる事が可能な試合だったのでお互い試しもあって望めたんですが、今日の試合は賞金額も違いますし優勝できるできないも違うので、今日はすごいきつかったです。序盤ふ~どに3タテされましたし。

ももち:
自分的には予選です。自分たち以外が全部韓国チームで情報がなく、強いのか弱いのか、キャラクターも分からない状態でした。
自分としてもキャラを春麗からケンに変えたタイミングで、今に比べると弱かった時期なんです。
自分が先鋒で出て負けてしまって、チームメイトが勝ってはくれたんですけど、その勝った試合も危ない試合が途中であって、あの時は1回負けたら終わりのルールだったので、個人的には予選は危なかったかなと思います。

ときど:
やってる時は苦しいと思った負けなので、思わないようにしてたんですけど、あとから考えたらふ~どに3人抜きされてサイドチェンジした時が一番まずかったですね。




Q.ももちさんがケンをプレイする姿を見て、ケンが神キャラじゃないか、ケンは強いという意見があったんですけど、ももち選手の個人的なケンに対する評価を聞きたいです。

ももち:
ケンはものすごく強いキャラだと思います。
自分が使う以上、強いキャラというか勝てるキャラを使うというのもありますし、
自分の動きを見て、ケンはすごい強いキャラじゃないかと言ってもらえると嬉しいです。




Q.次回またCRASHが開催されたら要望等は?

ももち:
スケジュールが大変でした(笑)。
韓国は好きですし料理も美味しいので、何回も来れるのは楽しいんですけどカプコンプロツアーの真っ只中というのもありますし、スケジュール的に大変だなと。
でもスケジュールが別々になっていると、1試合1試合集中して対策できる良さもあるんですけど、プレイヤー側からすると大変だったないうのがあるので、オフシーズンにプロツアーとは違う時期にやって頂くとかがあると嬉しいです。

ときど:
サイドチェンジした後で、また同じ順番で負けた側が出ないといけないのは、順番を変えられてもいいんじゃないかなと思います。

ももち:
先鋒固定とか・・・

ときど:
予選の時にあった、1試合目に先鋒を申告したら次の試合でも同じ先鋒でいかないといけないのは、何でなんだろうなぁと思いました。

マゴ:
ルールというか環境ですね。
一般的にほとんどの人が使っているのが24インチのモニターとかなんですけど、今回の大会は27インチだったので、すごく感覚が違うなぁというのがありました。
(大きすぎるので)使っている人が多いモニターのサイズを選んで欲しかったなというのがありました。




Q.ふ~ど選手とXian選手に比べて、インフィル選手とはかなりやりやすそうな気がしたんですが、何か対策をしていたんですか?

ももち:
いや、かなり苦戦しましたよ(笑)。
今回戦ったレインボー・ミカ、ファン、ナッシュの中だとナッシュというキャラに対しては対戦経験が多く自信がありました。




Q.しゃがみ中Kからのクリティカルアーツはヒット確認なのかパナしなのか、どっちなのですか?

ももち:
半々で、純粋なヒット確認は理論上出来るんですが、相手が立っていると当たりやすいので、それを状況確認というんですが、そういうのを上手く混ぜて成功率を上げています。
あとは集中している時は成功率も上がります。
今日も何回か狙った場面がありますし、成功した場面もあるんですけど、すごく難しいです。
ヒット確認を失敗してしまうと負けてしまうことが多いので、今回は自分だけの問題ではなく、自分がミスってしまうとチームメイトに迷惑をかけてしまうというので、そういう意味で集中は出来たんですけど、失敗も出来ないというバランスが難しかったです。




Q.ストVで改善して欲しいところはありますか?

マゴ:
基本的には素晴らしいです。
スト4の面白さをどう越えていくか興味があったんですけど、実際やってみてスト4とは違った面白みを作ってくれたのでゲーム的にはすごく満足しています。
ただ、現在サーバー関連とかどういったところで満足できないところがあるので、そこらへんを今後改善して頂けたらと思います。
そうしたらもっとプレイヤーが楽しくプレイできるんじゃないかなと思います。

ももち:
大体マゴと一緒で、ゲームとしてはすごく作りこまれてますし、すごく苦労して調整したんだろうなっていうのがやり込めばやり込むほど見えてきて楽しいです。
今後DLCキャラが増えてきてどうなるかというのはあると思いますけど、現段階ではバランスもいいですし凄く面白いです。
ただ、ネットワークまわりが少し・・・。スト4をプレイしているプレイヤーは9割以上がネットでプレイしているというのがあって、自分たちトッププレイヤーは割りと大きいコミュニティがあるのでそこで練習が出来たり大会があったりというのがあります。
地方の人とか、日本は盛り上がってて強いプレイヤーもいるんですけど、あまり格ゲープレイヤーが少ない国だとインターネットはすごく大事な部分なので、トッププレイヤーだけでなく初心者中級者も含めた全てのプレイヤーが満足できるように改善して頂けたらと思います。

ときど:
右に同じです。
日本に関して言えば、アーケードというものが昔からあってそのコミュニティがすごく強かったんだなと、なくなって感じました。
だからアーケードを今後出さないのであれば、それに変わるコミュニティを作れるような、ゲームの中のものではないんですけど、そういった取り組みをもっとみんなでしていった方がいいんじゃないかと思います。



『Street Fighter CRASH』決勝
TOPANGA vs. Team Razer