このエントリーをはてなブックマークに追加
beastv0514






5月14日(土)11時から放送される『Daigo the BeasTV』の出演者が発表されました。
今週のゲストはふ~ど選手と、『Thaiger Uppercut 2016』で優勝した"えいた"選手とのことです。




ウメハラ選手のダルシム攻略など、これまでの放送の一部が公式YouTubeチャンネルで公開されています。



『Daigo the BeasTV』YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5pQNAOnkkly0doFFDsBPxw





5/14放送簡易まとめ
https://www.twitch.tv/daigothebeastv/v/66293702

・えいた氏の所属する『Hail Mary』のチーム名はアメフトでどうしようもなくなった時に投げる『Hail Mary Pass』が元ネタ。
・Stunfestは参加者500人くらいいる。Hail Maryも全員参加予定。
・タイの大会は板ザン氏いわく『(タイには)LP10000レベルがゴロゴロいる』
・今回の放送から、サブスクライブがあった時に『ハドォーケン!』の効果音とウメハラ選手の顔が出るように。
・えいた『最近プロが増えている気がする』『大会の後にスポンサーについて聞かれた。スポンサーへのアピールの仕方を知りたい。』
・ウメハラ『輝け。自分がいくら口で言っても無駄。いろんな方向で目立つしかないと思う。』
・ふ~ど『チームを作った事で、えいたがプロゲーマーになったと思われてスポンサーが来ない可能性があるのでは?チームを作った意図は?』
・えいた『各方面にアピールできるプレイヤーを揃えた。』『個人としてもチームとしてもスポンサーが欲しいとインタビューでは答えている。』
・えいた『Gacktになぜ空中竜巻をそんなに使うのか聞かれた。単純に強いからだが、通常技の地上対空潰しとか、軌道変化でやっていると答えても納得してくれなかった。』『Gacktはナッシュ使い』
・えいた『むこうのプレイヤーは空中竜巻をあまり使わないが、ユンの雷撃くらい便利で大事な技だと思っている。』『海外は考え方が違う』


ウメハラ選手から重大発表
・Red Bullとウメハラ選手個人がパートナーシップ契約を締結した。
・ボンちゃんとは違う契約になっている。
・ウメハラ選手がやりたい事を後押し、ブーストするもの。
・レッドブルのものを着て大会に出るというより、一緒に面白い事をするという形。
・ふ~ど『レッドブルさんは先に投資する。ウメハラ選手との相性もいい。』
・Daigo the BeasTVもブーストされる。
・ウメハラ『凄くいい話だと思っている。』
・具体的には、書籍『勝ち続ける意志力』の英訳が実現する。
・レッドブルのブーストは5月14日から。
・今回の放送で通訳にZhi氏も参加

ウメハラ選手のケン攻略
・ふ~ど『ケンは、えいたが評価を上げたまである』
・ウメハラ『ちゃんと考えたのは1日。ぼんやりイメージがあるまま練習して、具体的に練ったのは1時間。いつもそのパターン。』
・リュウが有利な点は、足の速さ、波動が強い、それにより中距離での火力が高い。ケンは距離によってしゃがみ中P波動が繋がらない。立ち回りの火力はリュウの方が高い。コンボの火力が伸びるという意味で。
攻略には関係ないが、Vゲージ関連(VトリガーとVリバーサル)もリュウの方が強い。
・Vトリガーはケンは3本なので絶対1回しか使えない。Vゲージの強さはこの組み合わせで強いという意味。
・ケンが有利な点は、ダッシュが速くて長い。近距離の火力はケンの方が高い。空中竜巻を前提にした飛びが強い。リュウがケンに対して飛ぶのは完全に勝負。
・リュウの空中竜巻はケンのものとは判定が違うため、当てるのが難しい。
・中間距離での火力はリュウ、ジャンプと近距離はケンの方が強い。ケンは、飛んで近寄って近距離の火力を押し付けることで強みを出す。それ以外ない。
・リュウはケンのEX竜巻に対して、しゃがんでいると簡単に反撃できる。遠距離はしゃがんで昇龍を狙っていればいい。
・ケンのEX竜巻は通常技で潰されたりするので、相手が攻めたい時に使う。
・飛ばれる中距離は、前に歩いてめくられにいくことで昇龍で反撃。入力は6で前に歩いて321P。これはZERO3の時のテクニック。ZERO3もジャンプが強くて、前に歩きながらどう落とすかというのがあった。これは
・地上戦に徹底した方が勝ちやすい。
・ケン側がVトリガーが使えるときは、中距離の火力が上がるのでリュウ側が自分から行くのはやめなければいけない。
・そうなったら波動拳を撃つ。中Pも波動もリスクは変わらない。飛ぶというリスクを背負わせるぶん波動の方がマシになる。
・もう1つは大足というのがある。ケンの立ち大Kが入らないので、Vトリガーコンボをくらわない。大足くらって終わりになる。
・VゲージMAXの時はネカリも同じだが、Vリバーサルがやり得。Vリバは相手のVゲージが溜まって相手の体力が減らない可能性がある。それはリスク。ミカやネカリにVリバをやるのは、体力をしっかり減らせなかった場合にリスクになる。

Vゲージ満タンのケンに対して注意点
・Vゲージ満タン時のケンの立ち大KにVリバは定石。ケン側は何も出来ない。
・基本のしゃがみ中P波動の連携には、ケンのCAで反撃確定。中足波動だと大丈夫だが、中距離で連続技にならないのがあまり意味がない。
・後半はケンが強い。

・えいた『トリガー中はEX昇龍が弾抜けとして機能する。』
・トリガーを発動しないと、EX昇龍の2段目がガードされる。
・これはリュウのトリガー発動からのEX波動起き攻めを回避するのに有効。


ふ~ど選手のケン対策
・空中竜巻をどうするかが課題。
・空中投げ(必殺技)で攻略できる。
・ケン戦は意識配分を上下に切り替えなければいけない。意識が割ければちゃんと対処できる。
・ケンは画面端からむこうの画面端まで運べるが、ミカのほうが優秀。

・えいた『ケンのVスキルは将来的にも有効か気になる』
・ウメハラ『しゃがみ中P波動と、しゃがみ中PVスキルを混ぜると確反を取るのは難しい。』『毎回走るなら大きい攻撃を狙う』
・ふ~ど『中P→Vスキル→クラカンとかされると精神的ショックがある』
・えいた『ケンは不利フレームとともに生きていくキャラ』『タイでも(Vスキルを)一生使ってた』


ラウンジ対戦とコメント読み
・BeasTVのかっこいいカットインが入る。
・平和島でも最近ドネーションを始めた。
・ウメハラ『ガイルは普通に使う。めちゃくちゃやり込んでいるわけではない。サブでやってる中では一番面白い。強キャラ説は嘘だろうと思う。考えがいがある。白ゲージを稼ぐ事で火力不足を補うキャラ。リバーススピンが長いので立ち回りで使える。バンストとか立ち中Kが有利フレームも結構あって速くて長い。ソバットや中足は使えない。』
・ケンバルログはケン有利。
・えいた氏が苦手な組み合わせ『やってないのはバーディー。キャラ的にきついのは、かりん。次にリュウ。不利キャラは相当少ない。』
・ウメハラ『アレックスって可能性あるの?』えいた『ないと思います。胴着とチュンリーが相当キツイとい聞いている。その時点で厳しい』
・ふ~ど『ミカも有利っぽい』『このキャラはピヨらせられない。ダルシムみたいにこっちが下がればピヨらないが、アレックスも下がれば結構ピヨらない。』
・ウメハラ『アレックスはVトリガーが弱すぎる』
・ふ~ど『アレックスは防御が弱い』
・ドネーションとサブスクライブが殺到。ウメハラ『ドネーションはイベントに使う。俺の酒代に消えているわけではない。』
・ふ~ど『ケン春麗はケンが超有利らしい。』
・日本でEVOみたいにホテルを借りる場合、1000万円かかるらしい
・ウメハラ『ドネーションのお金は何に使うべきか?』
・えいた『みんなが見たいのは試合。試合が見られるのは大会。そのお金で海外勢を呼んだり』
・ウメハラ『ミニ四駆の大会は1日に何回も大会をやるらしい。1先で3回とかやると、負けても次の大会でがんばろうとなる。ガチなのは試行回数を増やすべきだと思う。』
・ウメハラ『ミニ四駆の大会はエントリー順に走らされる。一緒に行った人は後の方がレベルが下がるため、5時間くらい待って参加していた。いざ参加したら、最初のコーナーでトップで走っていて、木で隠れて見えなくなって次の瞬間、そいつのマシンがなくなっていた。5~6時間待ったのにこの2秒くらいでコースアウトして終わるんだと思った。』
・ウメハラ『親子で参加だと、子供の時は親父の2号機が出てくるらしい。親父のツーチャンス。』
・MOV氏はミニ四駆でもすごいらしい。
・Stunfestでウメハラ選手が当たりたくない相手『日本人かな』『緊張感のある奴が10人以上いる』

・ケンは最近大会で活躍しているので、今週の放送で解体するのにいい時期だった。
・リュウは最強なので、リュウ攻略をしてもいいと思う。攻略して裸にしても強いキャラ。
・えいた『リュウは弱点がない』
・ウメハラ『リュウ春麗はリュウ有利。未来予想で絶対リュウ有利で終わるだろうなと』
・ドネーションとサブスクライブのウメハラカットインについて『Twitchで放送しているのに、バックにニコニコってあるのが凄い』
・ベガミカについて ふ~ど『有利だと思うけど、結構負ける』『近寄ったら帰らせない』『ベガの有利フレーム技はVリバーサルで終わる』
・えいた『ベガは攻めるタイプと待つタイプを大会で見極めるが難しい』
・ウメハラ『ミカは、有利かどうか分からないがリュウの相手として、かなり緊迫する3キャラくらいの1つ。』 ふ~ど『絶対有利』 ウメハラ『ミカは一番リュウにいける。』『バーディーはあやしい。火力が高いから自分からいけるキャラは大体有利。バーディーは別にいけると思う。ミカは自分からいけない組み合わせ。』
・えいた『ふ~ど戦のミカ対策で他のミカよやると難しい』
・ウメハラ『ダイヤグラムをつけたら7-3とかつく組み合わせもあったりして、ミカはかなり強いと思う。』『リュウは6-4くらいの有利キャラが多いから最強だと思う』
・ふ~ど『かりんはきついと思ったが、五分くらいまでもっていった気がする。ケンはきつい。』

ウメガイルのラウンジ対戦
・ウメハラ『ガイルは強くはないけど弱くもない。リュウキラーもありえる。』『かりん戦がきつい気がする。しゃがめない。』
・ウメハラ『ガイルを大会で使うことはないと思う。リュウに対してかなりいけると思う。ザンギエフは終わり。ナッシュよりキツイか変わらないくらい。』
・ニーバズーカは強い。ナッシュよりも持続を当てやすい。
・スト5はしゃがみっぱなしが弱いゲーム。
・えいた『ケンは面白いから増えると思う。』 ふ~ど『ミカとか動きが確立されてるキャラは強い』
・ウメハラ『ネモのバルログにガイルでかなり負けた』

・サプライズでウメハラ選手に、少し早いバースデーケーキ
・ウメハラ選手は現在糖質制限中


えいた氏と5先マッチ
・今回から大会仕様のネームとカウント入り
・えいた1-5ふ~ど
・えいた0-5ウメハラ
・えいた『ウメハラ対策はしてなかった。新しい対策が知れて良かった。Stunfest前に情報が貰えて良かった。ふ~ど戦は読み負けが多かったが、ウメハラ戦はリュウ戦をさぼっていたので、色々情報をもらえた。』
・ウメハラ『自分でもケンを使ってみて、リュウかなり有利』
・えいた『走りたくないのに走るしかないよなという状態だった』
・ウメハラ『みんなリュウを軽んじすぎ。最強キャラなので、もっとちゃんとリュウ対策をすべき』
・えいた『今まではときどシフト。初見のリュウで強いリュウはいないという考え』
・ウメハラ『中P波動に1回もスパコンを使ってなかった』
・ふ~ど『ゲージ運用に差があった』 ウメハラ『倒す時、最後にEXゲージが3本溜まってればいい』

ウメふ~ど対戦とお便りコーナー
・ふ~ど3-0ウメハラ
・ウメハラ選手のシェイクダンベル実演
・投げスカリには、投げがきそうだと思ったら下がってしゃがみ中Pなど。 ふ~ど『5Fくらいの技がいい』
・逆に投げスカしの動きには、コマ投げなど。画面端なら前ジャンプとか。
・ウメハラ『今回のケン対策で、えいたがリュウ戦が上手くなれば業界にとってもプラス。海外のケン使いにとってもプラスになると平均化になっていいかなと思う』
・ウメハラ『(ブラジルに来て欲しいという声が多いことに)じゃあブラジル行くか~』
・えいた『(ママに優勝報告した時の反応教えて?という質問に)うそ~おめでとー!海外大会行ってたの?帰ってきたらハンバーグ奢って♪という返事だった』
・宣伝大会は8月の予定。確定ではない。
・ウメハラ応援ツアーが5月16日から受付開始。近畿日本ツーリスト特設サイトにて。

・来週のStunfestに向けた意気込み 
ふ~ど『強凄く調子良かったので、この調子でぶつければ優勝も見えてくるのではと思う』
ウメハラ『優勝まで望んでいない。上の方まで行きたい。現実を考えてしまうタイプなので、人数も多いし、自分らしいプレイが出来ればいいかなと。』 
えいた『タイでも優勝したし、自信があるので優勝候補だと思う。』