このエントリーをはてなブックマークに追加
tgs2014daigo


プロ格闘ゲーマーとしての未来

https://weekly-g.jp/c05roman/s06umehara/um008/

ふたりが語るストⅤの魅力とプロ活動

https://weekly-g.jp/c05roman/s06umehara/um007/



週刊ジョージアに、ウメヌキ対談とウメハラ選手の単独インタビュー記事が掲載されています。
ウメヌキ対談では互いのプロゲーマー観やストVというゲームへの感想、今後の活動などが語られており、ウメハラ選手の単独インタビューでは、配信を始めたりオフラインのイベントを開催するようになった理由などが語られています。

直近の大会では残念な結果に終わってしまったウメハラ選手ですが、インタビューでは『1年以上たった時に、ストVでかなり勝てている自信がある』とコメントしています。



以下、インタビューで語られている内容の一部です。


オオヌキ選手
・プロになった経緯
・プロとして、ファンに近い存在になりたい
・オオヌキ選手のストV練習法
・ストVは好みのゲーム
・ウメハラみたいに格好良くは生きられない
・大会でウメヌキ対決がしたい

ウメハラ選手
・オオヌキ選手は過去の実績が認められてプロになったので、これからが大事
・ストVはすごく面白いゲーム
・スト4は自分好みのゲームではなかったが、人間として成長させてくれた
・プロゲーマーの役割
・強いオオヌキを見せて欲しい
・ウメハラ選手がやりたいこと
・『Daigo The BeasTV』の狙いと課題
・コスプレ大会を開催した理由
・オフラインイベントを重視する理由、軸になり得る人の条件
・ドリブルではなくパスを回す側へ
・今後のストVプレイヤーとしての展望




過去のウメハラ選手インタビュー記事は下記URLにて閲覧できます。

「正直、ゲームで生活できるなんて思ってもいなかった」プロ格闘ゲーマーという仕事https://weekly-g.jp/c05roman/s06umehara/um001/

「誰から見ても『あいつは強い』と思わせる努力が必要」
https://weekly-g.jp/c05roman/s06umehara/um002/

プロ格闘ゲーマー・ウメハラを育てた、90年代のゲームセンターと格闘ゲームのリアル(前編)

https://weekly-g.jp/c05roman/s06umehara/um003/

プロ格闘ゲーマー・ウメハラを育てた、90年代のゲームセンターと格闘ゲームのリアル(後編)

https://weekly-g.jp/c05roman/s06umehara/um004/

プロ格闘ゲーマーのホントのところ(前編)

https://weekly-g.jp/c05roman/s06umehara/um005/

プロ格闘ゲーマーのホントのところ(後編)

https://weekly-g.jp/c05roman/s06umehara/um006/