このエントリーをはてなブックマークに追加
sf5-titleselect



「ストリートファイターV」は“深み”を悟るのが難しいゲームになる。カプコン杉山Pと中山D,そしてプランナーのヲシゲ氏が占う,2016年のプレイシーン

http://www.4gamer.net/games/283/G028399/20151222170/

4gamer.netに、『ストリートファイターV』のプロデューサー杉山氏、ディレクター中山氏、そしてEVO2015で歴史に残るガッツポーズを見せた事でも有名な、バトルプランナーのヲシゲ氏のインタビュー記事が掲載されています。


・新キャラ『ファン』のコンセプト
・毒を使うファンが選ばれた理由
・アレックスの北米人気
・発売後の追加キャラについて
・タメ技を減らした理由
・コンボが簡単になった事による競技性の変化
・新キャラの追加ペースと大会への影響
・バランス調整の予定
・ストVが目指すゲーム性

などといった事が語られており、かなり内容の濃いインタビュー記事になっています。


ギルティギアシリーズのトッププレイヤーとしても有名なバトルプランナーのヲシゲ氏からは『ストVは"深み"を感じられるようになるまで、かなりやり込みが必要になる』といった言葉もあり、ストVはコンボが簡単になったかわりに、最適解を常に選択する事がプレイヤー間の差になるようです。